ここから本文です

ランボルギーニ世界販売6.4%増…ウラカン は12%増 第1四半期

レスポンス 5/10(水) 5:45配信

イタリアのランボルギーニは5月4日、2017年第1四半期(1~3月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は987台。前年同期比は6.4%増だった。

画像:ランボルギーニ主力車

987台の内訳は、『ウラカン』が最多の675台。前年同期比は11.7%増と2桁増を達成する。最強グレードの「ペルフォマンテ」が追加されており、今後はさらなる販売増が見込まれる。

一方、『アヴェンタドール』は第1四半期、312台にとどまった。前年同期比は3.7%のマイナスと落ち込む。

ランボルギーニの2016年の世界新車販売は、過去最高の3457台。前年比は7%増と伸び、6年連続で前年実績を上回っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/10(水) 5:45

レスポンス