ここから本文です

初夏の沖縄に雪?

5/10(水) 5:00配信

琉球新報

 曇り空から時折青空が広がった9日、那覇市与儀ではトックリキワタの実が裂け、種を包んだ真っ白な綿が辺り一面を覆っていた。通行人からは「雪のようで幻想的だ」との声が上がっていた。

 トックリキワタは南米原産の落葉高木で、沖縄では毎年12月ごろに鮮やかな桃色の花を咲かせる。

 この日、トックリキワタ通りの並木では、座布団に使おうと綿を一つ一つ集める人の姿も見られた。

 近くで働く屋嘉部唯さん(18)=那覇市=は「最初はタンポポの綿毛かと思った。雪のようにふわりふわりと舞っていて、きれいだった」と目を細めていた。

琉球新報社

最終更新:5/10(水) 10:15
琉球新報