ここから本文です

ウナギのサプリ開発 浜松の専門店、加工残さを活用

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/10(水) 7:15配信

 ビタミンAにヒト型セラミド、DHA―。浜松市浜北区のウナギ専門店「うなぎの井口」が、ウナギの豊富な栄養分を凝縮したサプリメントを開発した。活用したのは加工の過程で出た頭や骨などの残さ。井口恵丞社長は「味だけでなく、栄養の素晴らしさを伝えることで、ウナギの地域資源としての関心が高まれば」と期待する。

 ウナギは豊富なタンパク質に加え、多くの栄養分を含む。特に突出している「ビタミンA」は視力の維持に効果があるほか、疲労回復効果が期待できる「ビタミンB1」、抗酸化作用のある「ビタミンE」なども充実する。さらに肌の潤いに効果がある「ヒト型セラミド」、動脈硬化予防や学習能力に効くとされる「DHA」、血液の流れを良くする「EPA」なども含み、「美容や高血圧予防につながる理想的な健康食品」という。

 同社はこれまでにも、ウナギの残さを有機肥料として活用し、売上金の一部をウナギの資源保護に活用するリサイクル事業を進めてきた。その中で「栄養分を通じて、絶滅危惧種であるウナギを大切にする気持ちを伝えたい」と、残さから栄養分を抽出し、女性向けに美容効果がある成分を含んだ「うなリズム」と、疲れ気味の男性に向けて成分を配合した「うなキング」の2種類を開発した。

 2種類とも90粒入り。うなリズムは3240円、うなキングは8640円。6月30日までは半額程度の特別価格で販売する。井口社長は「健康長寿日本一の浜松から、豊かで健康な食生活を提案していきたい」と話す。

静岡新聞社

最終更新:5/10(水) 7:15

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS