ここから本文です

ルージュバック戸崎騎手「この馬とのコンビでGIを」/ヴィクトリアM共同会見

netkeiba.com 5/10(水) 15:51配信

 ヴィクトリアマイル(GI・芝1600m)に出走するルージュバック(牝5・美浦・大竹正博)が、悲願のGI制覇に向けてウッドチップコースで併せ馬の最終追い切りを消化した。管理する大竹調教師と長くコンビを組んできた戸崎圭太騎手が共同記者会見に臨んだ。

■戸崎騎手

(1番枠を引いた前走の金鯱賞を振り返って)
「枠順がちょっとこの馬にとってどうかなという感じでした。いつもは出てからリズム良く行くのですけど、あの枠順でしたし、少し前めの位置を自分で取りに行くような形を取りました。道中はリズム良く行けたのですけど、直線はさばけず、開かずということもありましたので、力を出せずに終わったレースでした」

(ルージュバックの持ち味を生かせない舞台設定だった?)
「そのような展開になりましたね」

(一瞬前が開いたかなというシーンもあったが、スッと行けなかった?)
「多少ありましたけど、十分な間隔がありませんでした」

(この時も状態は良かった?)
「変わりなく、特に悪いところも感じず良い状態だなというのは感じましたね」

(今も落ち着いている?)
「乗っていないのでわからないですけども、見る限りではそんなに悪いこともないと思います」

(能力の衰えも感じない?)
「そうですね」

(長くコンビを組んでいるが、円熟味が出たなど変化は感じる?)
「デビュー当時から高いポテンシャルの馬なので、状態もそんなに変わるようなタイプでもないですし、ずっと良い状態を維持しているとは思いますね」

(高いポテンシャルの馬なら、やはりGIタイトルをという思いが強い?)
「クラシックの時からそのように言われていましたから、その中で1つも取れていないというのが心残りですし、責任もあると思います」

(GIを取るためには?)
「僕自身がしっかり騎乗できれば、結果はついてくると思います」

(前走を踏まえて、枠順や位置取りなど希望はある?)
「多少はあると思いますが、東京コースに替わりますし、コース自体は合っていると思いますので、それを生かしたいと思いますね」

(距離については?)
「前走スタートを出て、いつもは馬なりというかリズム重視で行くのですが、前半促して出して行ったので、その辺が今回に繋がるのかなというのもあります。直線も長いですし、コース自体は合っていると思いますので、その辺で今回は逆に良いのではないかなと。前走の失敗というか結果が今回に繋がるのではないかなと思っています」

(ライバル関係を見渡して?)
「オークスで負けているミッキークイーンも強くなっていますし、他にも良いメンバーが揃っていると思いますので、盛り上がってくれるのが1番ですね」

(何と言ってもヴィクトリアマイルは、戸崎圭太ありきというレースだが?)
「勝たせてもらっていますからね。この勢いでというか、三連覇を目指していきたいなと思います」

(応援しているファンにメッセージを)
「この馬に関しては本当にファンも多いかと思いますので、しっかりと騎乗してこの馬とのコンビでGIを勝ちたいなという思いが強いですね」


■大竹調教師

(前走の金鯱賞・GII・8着は悔しいレースだったと思うが?)
「どこに怒りをぶつけていいのか、ちょっと困りました」

(レース振りを見ると、ルージュバックに得意のパターンがある?)
「戦法は結構少ないですし、1枠引いてしまったので、枠のことはあまり考えずに競馬をしようと思いました。ジョッキーも特に枠にはこだわらず、しかも出が良かったので厳しいポジションにはなったのですけど、戦法の少なさを補う競馬はしてくれたのかなと思っています」

(今回は東京のマイル戦だが)
「去年も同じレース(5着)を使っているのですが、最後なかなかエンジンがかからず、かかったところでゴールという感じでしたので、そのあたりを踏まえて今回は調整をしてきたつもりです」

(レース後は放牧に出て、レースが近づいてきた頃にトレセンに戻ってくるパターンを繰り返しているが、前走から今週までの流れは?)
「牧場でもしっかり乗っていますので、果たして放牧という表現が適当なのかはわからないのですけど、どこの場所にいてもしっかり連携を取って、この馬の状態をお互い把握しています。今回に関しては少し体が絞り切れないということで、帰ってきてからより一段、いつも以上に負荷をかける流れにはなっています」

(4月の末にトレセンに帰ってきて、トレセンでの走りを改めてこの場所で見た感想は?)
「さすがに5歳の牝馬ということで、どっしり構えた部分が出てきたかなと思います。それが良いのか悪いのかは判断しづらいのですが。追い切りに関しても、いつもですと僚馬を引き離すような脚を見せるのですけど、先ほども言ったように良いのか悪いのか、先週、今週とちょっとズブさが出てきているのかなという印象は受けています」

(ルージュバックの印象が変わってきた?)
「女の子から大人の女性みたいな感じですよね」

(そこに強さも備わってくれていれば?)
「そうですね」

(牡馬相手でも勝利しているが、待望のGI、牝馬相手なら?)
「ただデータを見ると、牝馬限定戦に関してはあまり成績が良くないので、今回もそれがどう出るか。ちょっと微妙な感じもありますね」

(牝馬限定戦で成績があまり良くないという理由は?)
「そこはどういう理由なのか…。わからないですね」

(レースに行って気の毒な場面があったりもしたが?)
「どちらかというと馬体の作りがコンパクトな牝馬ですから、スムーズに競馬ができないと跳ね返される部分もあるのかなと。金鯱賞では大きな馬(プロディガルサン)がずっと隣にいて、前にも1頭いました。大きな男馬ならそこをこじあけて来れるのでしょうけど、スペースが開いたところで行けと言っても、一呼吸遅れてしまうのかなという感じがしますね」

(以前は元気があって調子が良い時は尻っぱねしていたと聞いたが、大人になった今は?)
「少しやっていますね。ないよりはあった方が良いのかなと思います」

(このメンバーの中でルージュバックの存在感を示すには?)
「今まで戦ってきた相手が、この年になっても一同に会せるというのは素晴らしいことです。その中で良い成績が出せれば、これまでのモヤモヤした気持ちも一気に晴れるのかなと思っていますので、何とか頑張ってほしいです。応援よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:5/10(水) 15:51

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ