ここから本文です

人身事故1万件超え 静岡県内、3分の1は高齢者

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/10(水) 7:19配信

 静岡県警は9日、県内で今年発生した人身交通事故が4日時点で1万件を超えたと発表した。前年より4日遅く、過去10年で最も遅いペース。高齢者が関連する事故は3334件で、全体の3分の1を占めた。

 県警交通企画課によると、人身事故件数は4日時点で1万7件。事故類型別では追突が3915件で最も多く、出合い頭が2583件で続いた。

 65歳以上の高齢ドライバーに起因する事故は2065件。全体に占める割合は20・6%で、10年前に比べ6・6ポイント上昇した。29歳以下の若者に起因する事故は21・7%に当たる2170件で、10年前から3・5ポイント下がった。同日時点でほかに1万件を突破していたのは東京、愛知、大阪、福岡の4都府県。

 同課は「高齢者や子どもが関連する事故は依然多い」として、ドライバーに思いやりのある運転を呼び掛ける一方、歩行者には反射材着用などの自衛策を求めている。

静岡新聞社

最終更新:5/10(水) 7:19

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS