ここから本文です

中国市場動向…日本より強いEVニーズ、中国ならではの理由

5/10(水) 8:00配信

レスポンス

日本では、EVはまだ一部の特別な車種という位置づけだが、中国メーカーは、EVやPHEVをメインストリームに位置づけ、大々的にアピールをしている。上海モーターショーの中国ローカルメーカーのブースでは、一番目立つ場所に、コンセプトカーではなく、生産車のEV/PHEVがずらりと並んでいた。

[関連写真]

中国ではPM2.5 などによる大気汚染が大きな問題になっているため、EVの人気もそれが理由なのかと思いきや、それだけではない中国ならではの事情があった。中国の大手メーカーの一角である広州汽車(GAC)のブースで、セールスマネージャーの于博君氏に話を聞いた。

「中国の大都市圏、つまり北京・上海・広州の地域では、EVだとナンバーが取りやすいので、EVが売れるという事情があります。また免税制度もあるので、買いやすくなっています」

「日本は違うと思いますが、中国市場は、政策によるコントロールが強く働きます。PM2.5のことを気にしている若い世代がEVを好むという傾向はありますが、それ以上に政策による後押しが強いです。例えばEVでは最大4万元、PHEVでは最大2万4000元の補助金もあります」

上海の街を歩いていると、市民の足として電動スクーターが大活躍していることに気付く。EVのメリット/デメリットについて、中国の消費者は理解度が高いのではないかと感じるゆえんだ。「国産のバッテリーを積んでいるEVには、航続距離が100km程度のものもありますが、あまり問題にはなっていません」とのことだ。

上海モーターショーでは、トヨタやホンダが中国市場向けのEVの開発、生産を公表している。また政策による後押し、消費者の理解度、大気汚染の課題などの周辺状況もあり、中国市場がEVの一大市場になる未来が見えてきた。

《レスポンス 佐藤耕一》

最終更新:5/10(水) 10:30
レスポンス