ここから本文です

2019年ラグビーW杯抽選。日本は本当にベスト8進出が可能な天国組なのか?

5/11(木) 5:00配信

THE PAGE

2019年におこなわれる第9回ラグビーワールドカップ日本大会の予選リーグの組み合わせ抽選会が5月10日、京都迎賓館で行われ、日本の予選プールの組み合わせが決まった。抽選会がイングランド、アイルランド以外の場で開催されるのは初。4年に一度の一大イベントとなる本大会には、20チームが出場、5チームづつ4つのプールに分けられ、プール内で予選リーグを総当りで戦い、各組の上位2チーム(計8チーム)が準々決勝に進む方式だ。

 安倍晋三首相のくじ引きにより、世界ランキング11位の日本は予選プールAに入り、今年6月に国内で2つのテストマッチを戦う同4位のアイルランド代表、昨年6月に来日して2度対戦した同5位のスコットランド代表、さらにはこれから枠の埋まる「ヨーロッパ予選1位」「プレーオフ勝利チーム(オセアニア地区予選またはヨーロッパ予選に参加)」のチームとも対戦することとなった。

 2015年の前回イングランド大会時は、予選プールで優勝回数2度を誇る南アフリカ代表を破るも8強入りはならず。予選プールで3勝を挙げながら準々決勝へ進めない、初めてのチームとなっていた。

 抽選会には、五輪で計3つの金メダルを獲得した女子レスリングの吉田沙保里や各国代表の指導者も招かれ、日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチの隣は、元日本代表ヘッドコーチでイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズが座った。

 組分けに際しては、あらかじめ出場国のレベルを示す「バンド」が設定され世界ランクをもとに「バンド1(ニュージーランド代表、イングランド代表、アイルランド代表、オーストラリア代表)」「バンド2(フランス代表、南アフリカ代表、ウェールズ代表、スコットランド代表)」「バンド3(日本代表、アルゼンチン代表、ジョージア代表、イタリア代表)」という3つのグループに振り分けられた。
 開催国ながら特別シードなどを得られなかった日本代表は、世界ランク11位で「バンド3」に置かれたため、「バンド1」「バンド2」の強豪国との対戦は避けられなかった。

 それだけにアイルランド、スコットランドとの抽選結果を幸運と感じる人もいよう。いわゆる死の組に対する天国の組だ。

 しかし、ニュージーランド代表のスティーブン・ハンセンヘッドコーチ曰く「ワールドカップは、どの組が簡単、難しいというものはない」。まして日本代表は、イングランド大会前まではワールドカップでわずか1勝を挙げたのみ。挑戦者の立ち位置にある。どんな組み合わせ結果も、大きなハードルとなるのは自然だ。

 日本代表の堀江翔太は、普段口にする関西弁でこう言い切った。
「どの国が来ても強いやろうなぁと思っていた。どこがよかった云々…という話はしていません」

 アイルランド代表は、ニュージーランド代表、イングランド代表のテストマッチの連勝を止めたチーム。コーナー・マレー、ジョナサン・セクストンといった司令塔がスペースを見つけてはキックを放ち、敵陣の密集戦で反則を誘えば得意のモール(複数人が塊をなすプレー)を組みインゴールを襲う。モールの壁となるドナカ・ライアン、ぶちかましで魅せるCJ・スタンダーらよき黒子が揃う。

1/3ページ

最終更新:5/12(金) 12:48
THE PAGE