ここから本文です

ハンマー大破にハルクと激突!「マイティ・ソー バトルロイヤル」は11月3日公開

映画.com 5/10(水) 4:00配信

 [映画.com ニュース] マーベル・スタジオの人気シリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」が、11月3日に日米同日公開されることが決定。あわせて、日本版ティーザー予告編と、トレードマークの長髪から短髪へと激変した主人公の姿が描かれたビジュアルがお披露目された。

 バトルロイヤルは、複数人が一斉に戦い、最後まで生き残った1人を勝者とする対戦方法。本作では、世界を終わりへと導く最強の敵と対じしたソーと、ソーを取り巻く登場人物たちが、プライドを捨て敵味方関係なく共に戦う様が描かれることからこの邦題になったという。ソー役のクリス・へムズワースをはじめ、弟ロキ役のトム・ヒドルストン、父オーディン役のアンソニー・ホプキンスが続投するほか、2度のオスカー受賞を誇る名女優ケイト・ブランシェットが強敵ヘラ役で参戦する。

 アベンジャーズの一員として地球を守るため戦ってきたアスガルドの王ソーの前に、最強の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊してしまうヘラが出現。圧倒的なパワーで宇宙の果てに弾き飛ばされてしまったソーは、遠く離れた星で捕らわれの身となり、その星に君臨する“絶対王者”との一騎打ちを余儀なくされる。命がけの戦いの相手として現れたのは、かつて仲間として共に戦ったハルクだった。

 日本版ティーザー予告編では、「アスガルドの最後だ」と告げたヘラが、アベンジャーズのメンバーが持ち上げることすらできなかったソーのハンマー、ムジョルニアを片手で受け止め粉々に。そして、闘技場でソーが怒れる怪人ハルクとあわや大激突、という瞬間で幕引きとなる。これまでの神話的な世界観を継承しながら、グラディエーターの力強さがみなぎる映像だ。

 メガホンをとったのは、現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの日常を描いた「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」のタイカ・ワイティティ監督。ヘムズワースのコメディセンスを看破し、ソーをこれまで以上に魅力的に描きたいと意気込みをもって本作に挑んだという。なお、マーベル・スタジオ社長でプロデューサーのケビン・ファイギは、本作について「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」(2018年公開)へつながる重要な役割を果たす作品と発言。4月10日(現地時間)に公開されたUS版予告編が、24時間で再生回数1億3600万回以上という同スタジオ最高記録を樹立したことからも、注目度の高さがうかがえる。

最終更新:5/10(水) 10:46

映画.com