ここから本文です

小平智は最年少日本タイトル3冠へラストチャンス

5/10(水) 16:42配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内メジャー初戦◇日本プロ日清カップ 事前情報◇かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)◇7217yd(パー72)

【発掘】古閑美保さんとともに小平智を応援していた人が意外すぎる

ツアー史上最年少の日本タイトル3冠に向けて、小平智が快挙へのラストチャンスに挑む。2013年「日本ゴルフツアー選手権」、15年「日本オープン」に続き、今週の「日本プロ」で優勝すれば27歳245日での達成となり、尾崎将司が持つ27歳248日を3日更新する。

昨年12月「日本ゴルフ選手権JTカップ」では単独首位で最終日を迎えたが、3打のリードを守り切れず達成を逃した。最年少記録は潰えたと思い「諦めていた」という小平だが、プロアマ戦が行われたきのう9日(火)、インタビュー中に今週まで可能性が残されていることを伝え聞いたという。

「ジャンボさんを超えるわけではないけれど、オフに(ゴルフを)教えてもらったこともあったし、その事実を記録として残せればいい。“一番”というものは気持ちが良いものなので、狙っていきたいですね」と、開幕を直前にしてモチベーションがいっそう高まった。

今週のコースは、2013年シーズン開幕前のオフに2週間ほど合宿に訪れたことがあるといい、「全部知っている」と不慣れはない。「グリーンの芝が独特なので神経を使うけど、雨が続いていたから硬くはない。1日8アンダーくらいは出そうなコースだと思う」と、初日からバーディ量産を目指す。(沖縄県名護市/塚田達也)