ここから本文です

クイーンズリング鞍上デムーロ「GIはみんなライバル」/ヴィクトリアM共同会見

5/10(水) 18:00配信

netkeiba.com

■クイーンズリングに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――前走の阪神牝馬Sは休み明けで15着でした。
ミルコ 悲しいです。若いころは馬場が悪くても頑張っていましたが、今回は合いませんでした。

――さらにアクシデントもあったそうですね?
ミルコ はい、落鉄していました。それに加えて、馬場が全然合わなかった。

――スタート後、先行しましたが、そのあたりは?
ミルコ 僕も少し、スタートは気にしていましたね。出遅れたこともあったので。一番いい位置に行きたかったんです。プレッシャーもありました。折り合っていましたし、ペースも良かった。でも、直線に向いたらもう無理でした。

――そこからの調整ですが、先週の1週前追い切りでの感触を教えてください。
ミルコ いつも変わらないですね。一生懸命走ってくれます。いい状態でした。昔は追い切りの後は痩せてしまいましたが、今回は大人になって成長したので追い切りのあともいい感じ。体重も同じくらいでした。

――今朝の追い切りはご覧になっていかがですか?
ミルコ さっき、見ました。すごくいい状態みたいですね。前走、久しぶりに1回走ったので良くなると思います。

――ヴィクトリアマイルのレースイメージは?
ミルコ GIだから難しいですね。相手も強い。どうだろう?昨年は外枠だったんですけど、やっぱり内枠のほうがいい。できれば、内枠がいいです。

――昨年は8着。比較してどのあたりが良くなりましたか?
ミルコ 若いときはどんどん痩せていって体のキープが難しかった。でも、エリザベス女王杯の頃には良くなりましたね。どんどん成長していました。能力も高くなっていました。

――今はいい状態だと思いますか?
ミルコ はい、いいコンディションです。GIを勝ちたいです。頑張ります。

――改めて、意気込みを。
ミルコ クイーンズリングはとてもいい馬だから、とても勝ちたいですね。

――ちなみにライバルは?
ミルコ GIはみんなライバルですね。他の牝馬も強い。1頭だけということはない。いっぱいいます。馬場にもよるのでどうなるかわからないです。


■クイーンズリングを管理する吉村圭司調教師

――この1年はいろんなことがありましたね
吉村 そうですね。昨年の秋はGIを勝たせていただき、その後は香港に行かせていただき、貴重な体験をさせていただいてます。

――どんな1年でしたか?
吉村 馬の成長に助けられて大きなところも勝てました。

――昨年秋のデキは最高でしたか?
吉村 そうですね。それまで出走した中ではかなり自信を持てる状態ではあるな、と感じられました。

――しかし、この春は初めての2桁着順…。
吉村 海外遠征から戻ったあとの影響はそれほど感じられなかったですし、いい状態で前走も送り出せたんですが。前走のプラス体重は、香港で少し減っていましたし、成長分もありました。

――敗因は?
吉村 間違いなく、道悪と落鉄だと思います。京都牝馬のときは重馬場で結果を出していましたから、我々としてはこなしてくれると思っていましたが…。レース後、右前の落鉄も確認したので走りづらかったんだろうな、と思います。この馬は休み明けでも走れるタイプですし、しっかりと調教を積んでから送り出したのでそのあたりは問題なかったと思います。

――前走後の疲れは?
吉村 幸い、そのあたりは影響もなく、体の異常もなかったです。次の週から調教も再開できています。よかったです。

――阪神牝馬Sから1か月の調整過程を教えてください。
吉村 2週前から坂路で単走ですけど乗っています。先週はジョッキー騎乗でCWで併せ馬もやっています。中間はしっかりメニューを消化してくれていて、順調に来れています。

――先週は自己ベストの調教内容でしたね。
吉村 はい、いつもなら直線で内を向いて進路を取るんですけど、ジョッキーの判断で外を回していたのでね。かなりの負荷がかかっていると思います。併せた相手も動く馬でしたし、終いもしっかり負荷がかかっています。

――感触が良さそうですね。
吉村 はい。ジョッキーもよいと言っていました。

――今週はどのような意図で調教されましたか?
吉村 先週はあれだけやっていますので、今週はある程度セーブ気味に坂路で単走で行いました。いい感じだと思います。時計も理想的ですし、決して無理もしていません。騎乗した助手によれば、まだ余裕があったとのことですし、馬もキビキビと動いていました。いくらかお釣りを残した状態ですし、状態に関しては満足しています。

――これまで重賞4勝、対応距離も広いですね。
吉村 タイプ的には珍しいと思いますが、総合的にパフォーマンスが高いんだと思います。乗り手の指示にも従順です。

――東京のマイルという条件は?
吉村 東京では1800の府中牝馬(16年)で勝てていますが、マイルと1800では流れもペースも違います。でも、対応できると思います。

――工夫している点は?
吉村 昨年は京都牝馬からのヴィクトリアマイルだったのですが、今回は間隔的にも理想的で調整しやすいです。間隔が空き過ぎてもGIでは調整が難しいので、ちょうどいいと思います。

――マイルへの対応は?
吉村 古馬ですし競馬も上手なほうなので、そのあたりは心配していないです。

――GI馬として挑むGIレースですね。
吉村 前走はああいう結果でしたが、エリザベス女王杯を優勝している馬ですし挽回したいと思います。

――前走は度外視していいですか?
吉村 僕はそう思っています。

――最後に意気込みを。
吉村 巻き返したいと思っています。ファンの皆さん、応援よろしくお願いします。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:5/10(水) 18:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ