ここから本文です

イブラヒモビッチの給料はポグバの2倍以上?『フットボールリークス』が公開

GOAL 5/10(水) 11:35配信

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチがプレミアリーグで一番の高給取りであるようだ。

今週ドイツで発売された『フットボール・リークス』によると、イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドから週給36万7600ポンド(約5405万円)のサラリーを受け取っているようだ。年俸に換算すると1911万ポンド(約28億円)にも上る。さらに28ゴールを挙げたストライカーは、286万ポンド(約4億2000万円)のインセンティブも手にしていると同誌は伝えた。

現在膝の靱帯損傷を負ったイブラヒモビッチは、来シーズン以降の去就は不透明になっている。しかし、仮に同選手が来シーズンもチームに留まり、ユナイテッドをチャンピオンズリーグ準々決勝まで導けば、50万ポンド(約7350万円)のボーナスが支給される。さらに準決勝では125万ポンド(約1億8000万円)、決勝では227万ポンド(約3億4000万円)、優勝すれば525万ポンド(約7億7000万円)のインセンティブを獲得できる。

また、史上最高額の8900万ポンド(約130億円)以上の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに加入したポグバの週給は、16万5588ポンド(約2435万円)で、年俸に換算すると861万ポンド(約12億6600万円)となる。来シーズンには187万ポンド(約2億7500万円)の昇給と共に346万ポンド(約5億円)のロイヤリティ・ボーナスもあるようだ。

さらにチャンピオンズリーグに出場した場合、25万5000ポンド(約3700万円)も支払われるなど、さまざまなインセンティブも契約条項に入っている。

また、両選手の代理人であるミーノ・ライオラ氏は、イブラヒモビッチとポグバの移籍で4139万ポンド(約60億円)を受け取ったとも伝えられている。

GOAL

最終更新:5/10(水) 11:35

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合