ここから本文です

元富士通チアリーダーが米国NFLに合格 「タイタンズ・チアリーダーになれて本当にうれしい」

夕刊フジ 5/10(水) 16:56配信

 米国のアメリカンフットボールのプロリーグNFLのチアリーダーに挑戦していた曽我小百合さん(34)が、テネシー・タイタンズに合格したことが分かった。同チームでは初の日本人チアリーダーとなる。

 曽我さんは、富士通チアリーダー「フロンティアレッツ」の元メンバー。NFL32球団から、テネシー州ナッシュビルに本拠地を置くタイタンズへの挑戦を選んだ曽我さん。4月に行われたオーディションを勝ち抜き、約1000人から48人のファイナリストに絞り込まれた。

 そして5月3日のファイナルラウンドで、規定ダンスやフリーダンス、自己紹介を披露し、27人のチアリーダーのメンバーに選ばれた。

 曽我さんにとっては2年ぶり2度目の挑戦。前回は無理がたたって不慮のけがで断念していたため、今回は万全の準備でオーディションに臨んでいた。

 曽我さんは「長年の夢であったタイタンズ・チアリーダーになれて本当にうれしい。ここまで来れたのは、私を応援してくれている家族、友人、ファンの支えがあったからで、本当に感謝。毎日、一生懸命働いて、日本経済を支えてくださっている方々にパワーと勇気を与えられる存在になりたい。これからも応援をよろしくお願いします」と話している。

最終更新:5/10(水) 16:56

夕刊フジ