ここから本文です

その差はわずか“3日”小平智がジャンボ超え日本3冠に挑む

5/10(水) 15:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 事前情報◇10日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

小平、名優・舘ひろしさんと同組でラウンド!

一度はあきらめかけた偉大な記録達成のラストチャンスだ。小平智は今大会を勝てば、2013年「日本ゴルフツアー選手権」、15年「日本オープン」に続く3つ目の日本タイトルとなり、尾崎将司の持つ史上最年少3冠記録27歳248日を27歳245日で“3日”更新する。昨年は今大会が例年の5月から北海道が舞台ということもあり7月開催だったため、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」がラストチャンスと勘違いしていたが、今年は大会が5月開催に戻ったことからチャンスが巡ってきた。

小平もこの事実を知ったのは、前日火曜日のインタビューで問われてからだという。「昨日まであきらめていたんですけど、オフにはジャンボさんにも教えてもらったし、その技術を駆使してジャンボさんの記録を抜きたい」と俄然モチベーションも上がってきた。

妻の古閑美保の紹介で尾崎の自宅を訪れたのはこのオフのこと。ショートゲームなどを中心に教えを請い、ジャンボ仕様の特性サンドウェッジも授かった。「恩返しというワケじゃないけど、一番は気持ちがいいので狙っていきたい」と語った。

コースは2013年シーズン前のオフに井上信らと合宿をはった地でもあり頭に入っている。「このコースは風次第。あとグリーンにアンジュレーションがあって難しい。目があるので神経使うし、グリーン上で手こずると思う」と警戒すべきポイントも把握済み。妻の古閑美保には“優勝争いしたら応援に行く”と送り出された。2人で掲げる最初のカップが史上最年少日本タイトル3冠となるか。

【日本タイトル3冠達成年齢】
1位:尾崎将司 27歳248日(1971日本プロ、1972日本シリーズ、1974日本オープン)
2位:丸山茂樹 28歳86日(1997日本プロ、日本プロマッチプレー、日本シリーズ)
3位:中嶋常幸 28歳207日(1977日本プロ、1982日本シリーズ、1983日本プロマッチプレー)

(撮影:赤澤亮丈)<ゴルフ情報ALBA.Net>