ここから本文です

KEITA SANO、チャッピー源(思い出野郎Aチーム)と設立した新レーベルから12inch発売

CDジャーナル 5/10(水) 19:20配信

 世界を舞台に活躍するハウス / テクノ・プロデューサーKEITA SANOと、7人組ソウル・バンド“思い出野郎Aチーム”のパーカッショニスト・チャッピー源がオルタネイティヴ・ダンス・ミュージック・レーベル「MAD LOVE Records」を発足。レーベル第1弾作品として、KEITA SANOの12inch『MAD LOVE』を7月12日(水)にリリースします。MAD LOVE RecordsのWEBショップでのみ、7月5日(水)より先行販売がスタート。

 2016年に瀧見憲司が主宰する「Crue-L Records」からの『The Sun Child』、ノルウェーの「Rett I Fletta」からの『KEITA SANO』をはじめ、ブルックリンの「MISTER SATURDAY NIGHT」や「Let's Play House」など、各国の名門レーベルからハイペースで作品を発表し、“世界を旅する音楽学校”と言われる「Red Bull Music Academy」に日本代表として参加するなど、躍進を続けるKEITA SANO。全曲がエクスクルーシヴ・トラックとなっている今作は、プリミティヴなビートとフリーキーなサックスで攻める中毒性の高いアフロ・ハウス・ナンバー「Mad Love」ほか全4曲を収録。多様なエッセンスをピュア・ダンス・ミュージックに昇華した、レーベルの初作を飾るにふさわしい仕上がりとなっています。ジャケット・アートワークは、KEITA SANOと同じく岡山出身の小西美里が手がけており、レーベルのロゴはイラストレーターのHiraparr Wilsonによるもの。

最終更新:5/10(水) 19:20

CDジャーナル