ここから本文です

絵が上手すぎる飼育員! 来園者リクエストに応えたペンギンが話題に 「最も上手い人が描いて」が重圧に

5/11(木) 7:00配信

withnews

 須磨海浜水族園(神戸市)に貼り出されている「ペンギンの絵」が話題になっています。Q&Aコーナーに寄せられた「最もペンギンを上手に描ける人にお願いします」という来園者のリクエストに応えるべく、イルカトレーナーが描いたものです。詳しく話を聞きました。

【画像】拡大画像はこちら。モデルのペンギンとの比較も。悶絶するほど可愛いアザラシの赤ちゃん画像も

「ペンギンの神が宿っている」

 今月6日、「飼育員さんの本気」という文言とともにツイッター投稿された画像。来園者が飼育員への質問を描く用紙に、こう書かれています。

 「質問というよりはお願いです。須磨水族館の中でもっともペンギンを上手に描ける人に、下の回答覧にペンギンを描いて下さい」(原文のまま引用)

 回答欄にマゼランペンギンが描かれ、左下には「2017.3.7」と日付が書かれています。

 この投稿に対して「お見それしました」「ペンギンの神が宿っている」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万1千を超えています。

描いたのはイルカトレーナー

 このペンギンを描いたのは、イルカトレーナーの寺澤夏菜さん(27)です。「『もっとも上手に』という注文だったので、かなりプレッシャーでした」。

 絵を専攻したことはなく、趣味でイラストを中心に描いてきたという寺澤さん。リクエストを受けたペンギンの飼育員から「あなたが園内で一番絵が上手いから描いて」と用紙を渡されたそうです。

 園で飼育しているペンギンの写真を見ながら、鉛筆で描くこと約1時間。質感を出すために毛を1本1本丁寧に描くのが大変だったそうです。

 イラストをスタッフブログで公開したところ、普段より閲覧数が伸び、来園者からは「あの絵、あなたが描いたんでしょ」と声をかけられたこともあったそうです。

 「ツイッターでも話題になっているなんて知らなかったので、ビックリしています。ブログは写真で発信することが多いので、絵を描けばもっと注目してもらえるかもしれません。チャレンジします」と寺澤さんは話します。

最終更新:5/11(木) 7:00
withnews