ここから本文です

福生の飲食店で「日本酒を楽しむ会」 山形「若乃井酒造」から杜氏招き /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/10(水) 9:00配信

 福生の飲食店「玄米ごはんとお酒 ごしま」(福生市本町、TEL 042-530-5079)が6月16日、山形県の酒蔵「若乃井酒造」の杜氏(とうじ)・大沼秀和さんを招き「日本酒を楽しむ会」を開く。(西多摩経済新聞)

 五島英明さん、もえさん夫妻が営む同店は生産者を店に招き、生産に対する思いや苦労を直接聞く「生産者と繋(つな)がる会」を定期的に開いている。もえさんがきき酒師ということもあり、その一環として、西多摩や全国の酒蔵から杜氏を招き「日本酒を楽しむ会」を企画している。

 今回は1890(明治23)年に創業し、銘酒「若の井」などを造る若乃井酒造から、杜氏兼専務の大沼さんを招く。参加者は酒造りへの思いや体験談などを直接聞きながら、日本酒とつまみを楽しむ。

 開催時間は19時30分~22時30分。参加費は5,000円(日本酒・おつまみ代)。定員は12人。申し込み締め切りは6月9日。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/10(水) 9:00

みんなの経済新聞ネットワーク