ここから本文です

本田圭佑獲得にオーストラリアのクラブが名乗り…豪メディア「即戦力として有益」

GOAL 5/10(水) 12:13配信

今シーズン限りでミランとの契約が満了となる日本代表MF本田圭佑には、複数のチームが獲得に関心を示していると報じられていたが、オーストラリアのAリーグも移籍先として有力候補に浮上しているようだ。

オーストラリアメディア『theworldgame』が報じたところによると、AリーグのシドニーFC、メルボルン・ビクトリーが獲得に関心を示しており、その動向を追っているという。

同メディアでは「本田がいることでアジアでのスポンサード活動、プロモーションや告知の面で多大な影響がある」と述べ、「2010年の南アフリカ・ワールドカップでのデンマーク戦での活躍は忘れることができないもの…ミランなどでのこれまでの実績を踏まえて、即戦力としても間違いなく有益」と紹介。「アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で栄光に導くことのできる人材」と伝えた。

本田にはJリーグのほか、中国リーグ、さらにはアメリカのMLSが関心を寄せているとされていたが、オーストラリアのクラブも獲得に乗り出す可能性があるようだ。

名古屋からVVVフェンロ、そしてCSKAモスクワを経てミランにたどり着いた本田は、今夏どのような道を選ぶのか。ロシア・ワールドカップを1年前に控え、重要な分岐点となることだろう。

GOAL

最終更新:5/10(水) 12:13

GOAL

スポーツナビ サッカー情報