ここから本文です

ヒュー・ジャックマン、ウルヴァリン役卒業の瞬間を激写!「LOGAN」特別映像公開

映画.com 5/10(水) 12:00配信

 [映画.com ニュース] ヒュー・ジャックマンが、ウルヴァリンを演じる最後の作品「LOGAN ローガン」の特別映像が、公開された。ウルヴァリン(ローガン)のこれまでの活躍を描きながら、ジャックマンのインタビューや、クランクアップの際の様子などをとらえている。

涙なしには見られない……「LOGAN ローガン」特別映像はこちら!

 「X-メン」から17年間にわたってウルヴァリンを演じてきたジャックマンだが、同役に起用が決定したのは撮影の数日前だったそうで「今は感謝の気持ちでいっぱいだ。この役に出合えたことにね」と万感の思いを口にする。撮影終了の瞬間も収められ、スタッフから万雷の拍手を送られたジャックマンが「夢みたいだよ。私がこの役に出会ったのは16歳の息子が生まれる前だ。本作ほど大切な作品はない。みんなの協力に心から感謝している」と涙ぐむ感動的な光景が映しだされている。

 X-MENのリーダー、プロフェッサーXことチャールズ・エクゼビア役としてジャックマンと長年歩んできたパトリック・スチュアートは「ウルヴァリンとヒュー(・ジャックマン)は一心同体だ。彼と役が完全に融合している」と絶賛。「ウルヴァリン:SAMURAI」に続き本作を手がけたジェームズ・マンゴールド監督は「ヒューという力のある俳優が、ウルヴァリンを再び演じた。唯一無二のヒーロー映画だ。ヒューがウルヴァリンを演じる最後の映画だから、彼の最高傑作にしたかった」と熱い思いを明かしている。本作は、世界興行収入6億ドル超の大ヒットをたたき出し、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では92%(5月9日時点)の好評価を記録している。

 「LOGAN ローガン」は、年老いて治癒能力も低下し、チャールズ(スチュワート)と共に荒野の廃工場でひっそりと暮らしていたローガン(ジャックマン)が、“ミュータントの希望”といわれる少女ローラ(ダフネ・キーン)を守るべく、謎の組織と死闘を繰り広げるさまを描く。6月1日から全国公開。

最終更新:5/10(水) 12:00

映画.com