ここから本文です

キアヌ・リーヴス2年ぶり来日決定!『ジョン・ウィック』監督と一緒に!

シネマトゥデイ 5/10(水) 11:00配信

 俳優のキアヌ・リーヴスが、人気作待望の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』を引っ提げ、監督のチャド・スタエルスキと共に来日することが明らかになった。

キアヌ来日決定!特別映像

 キアヌの来日は、映画のプロモーションとしては、前作『ジョン・ウィック』での2015年9月以来、約2年ぶり。現地時間1月30日に行われたロサンゼルスプレミアでは、「また日本でみなさんに会いたいです。この作品を観て気に入ってくれると嬉しいです」と来日を切望するコメントを残していたキアヌだが、その念願かなって、前作でもタッグを組んでいたスタエルスキ監督と6月中旬に来日することとなった。

 ハリウッドきっての親日家として知られるキアヌが日本にやってくるとのことで、“ラブ・ウィックキャンペーン”の実施も決定。キアヌへの質問や応援コメントを「#キアヌさん超待ってます」というハッシュタグを付けてつぶやくと、抽選で来日舞台あいさつ付き上映への招待チケットや、キアヌのサイン入りポスターといったファン垂涎の賞品がプレゼントされるという。(詳細は公式サイトにて)

 キアヌ演じる最強の元殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を、銃+カンフーを融合したアクション“ガンフー”を織り交ぜながら描き、全世界を熱狂に包んだ『ジョン・ウィック』。その続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』は2月10日に全米公開を迎え、前作の2倍以上の成績を上げる大ヒットスタートを切り、さらには8日間で前作のトータル興行収入を超える大盛況っぷり。

 来日決定に伴い特別映像も公開され、キアヌは本続編について「レベルが全然違う。アクションもそうだし、スタイルもそう。裏社会の世界観もさらに広がっている。コミカルな要素も増えているし、スゴイ新キャラもいるし、サプライズもあるし、ドラマもある。悲しみもね」と前作をはるかに凌ぐ出来栄えだとアピール。続編では、新たな相棒(犬)と共に、再び静かな引退生活を送っていたジョン・ウィックだったが、かつてイタリアン・マフィアと交わした血の契約がジョン・ウィックを逃しはしなかった……。前作キャストに加え、キアヌと『マトリックス』シリーズ以来の共演となるローレンス・フィッシュバーンが新キャストに名を連ねている。来日するたびに話題を提供してくれるキアヌ。今回は一体どんな伝説を残していってくれるのか? 期待が高まるばかり。(編集部・石神恵美子)

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』は7月7日TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開

最終更新:5/10(水) 11:00

シネマトゥデイ