ここから本文です

対日窓口機関「台湾日本関係協会」に改称へ 17日に看板除幕式

中央社フォーカス台湾 5/10(水) 18:55配信

(台北 10日 中央社)李大維外交部長(外相)は10日、台湾の対日窓口機関「亜東関係協会」を「台湾日本関係協会」に改称し、17日に看板除幕式が行われることを明らかにした。当日には日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」台北事務所の沼田幹男代表(大使に相当)が出席する予定だという。

亜東関係協会は1972年、中華民国と日本の国交が断絶したことを受けて、民間交流窓口として設立された。今年3月、行政院(内閣)が改称を承認した。

日本側の日本台湾交流協会は、今年1月に交流協会から現名称に変更した。事実上の大使館として機能しているにも関わらず、名称が具体的でなく分かりにくいという指摘があったためという。

(呂欣ケイ/編集:塚越西穂)

最終更新:5/10(水) 18:55

中央社フォーカス台湾