ここから本文です

【欧州CL】ユベントス2季ぶり9度目決勝進出

東スポWeb 5/10(水) 11:32配信

【イタリア・トリノ9日(日本時間10日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦が行われ、ホームのユベントス(イタリア)はモナコ(フランス)を2―1で下し、2戦合計4―1で2季ぶり9度目の決勝進出を決めた。

 第1戦を2―0で勝利しているユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督(49)は前日会見で「モナコは失うものがないから自由にプレーしてくる」と欧州屈指の攻撃力を誇る相手を警戒。予想通りに、序盤は攻め込まれたものの前半33分にFWマリオ・マンジュキッチ(30)が放ったシュートのこぼれ球を自らが押し込み、先制。44分には敵のクリアボールをDFダニエウ・アウベス(34)が豪快に蹴り込み、リードを広げた。後半24分にモナコの怪物MFキリアン・エムバペ(18)にゴールを許したが、2―1で勝利した。

 2季ぶりのファイナル進出を果たした立役者は39歳になったGKジャンルイジ・ブフォンだ。CL準々決勝ではバルセロナ(スペイン)を相手に2試合連続で無失点。準決勝第1戦も神がかり的なセーブを連発し2―0の勝利に貢献した。この日、CL決勝トーナメントに入って初失点したが、大ベテランのパフォーマンスがチームをけん引したのは間違いない。

 21年ぶり3度目の欧州制覇を狙う決勝(6月3日=同4日、英カーディフ)ではアトレチコ・マドリード対レアル・マドリード(ともにスペイン)の勝者と対戦する。ブフォンは欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトで「これまで(CLでは)失望を味わってきたからこそ、勝利がほしい」と、悲願のCL優勝を誓った。

最終更新:5/10(水) 13:05

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合