ここから本文です

ALSI、「IoT Fast Kit」を情報セキュリティEXPOで参考出展

BCN 5/10(水) 17:22配信

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、5月10日から12日に東京ビッグサイトで開催される「情報セキュリティEXPO【春】」で、IoTの実証実験を素早く簡単に始められる「IoT Fast Kit」を参考出展する。

 ALSIは、グローバルに事業を展開するアルプス電気グループのIT戦略会社として1990年の設立以来、「製造流通ソリューション」「セキュリティソリューション」「ファームウェア開発」を事業の柱として展開してきた。

 2016年4月からは新たなビジネス領域として、IoTの研究開発活動を開始。17年度は研究開発活動の2年目となり、事業化に向けた実証実験(PoC)中心に取り組んでいる。既存の3事業で培った「製造流通ソリューションのクラウドを活用する技術」「セキュリティソリューションの知見」「ファームウェアソリューションのセンサコントロール技術」の強みを生かすことで、新たな価値創造を模索している。

 今回の「情報セキュリティEXPO」への参考出展は、同社のIoTソリューション事業化に向けたテストマーケティングの位置づけとなる。アルプス電気のセンサネットワークモジュールを活用したIoT Fast Kitを初めて紹介する場となるため、来場者からのさまざまな意見を参考にして、今後の研究開発活動や実証実験、協業の検討につなげていく考え。

 IoT Fast Kitは、建物内や車内など、データを測定したい場所にセンサを設置することで、気温や湿度、気圧、振動、衝撃をリアルタイムでモニタリングでき、ログのダウンロードも可能となっている。測定した結果から気づきが得られ、課題改善につなげることができる。

最終更新:5/10(水) 17:22

BCN