ここから本文です

ドリップ茶「素六」開発 JAなんすん、15日発売

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/10(水) 8:10配信

 JAなんすんは、沼津産の高級茶葉を使ったドリップタイプの茶商品「素六ドリップ」を開発した。県東部の茶業発展に尽くした江原素六翁(1842~1922年)にちなんだ新しい茶ブランド「素六」のシリーズ商品として15日に発売する。

 急須のない家庭に対応するため、メッシュのドリップバッグに茶葉を入れた。バッグを開いて湯飲みに載せ、湯を注いで用いる。

 4月下旬に取った新芽だけを使用。生産は同JA管内の荒茶工場33カ所のうち、適切な販売管理などを県茶業会議所が認めた「T-GAP」取得工場5カ所に限った。担当者は「茶の飲用機会が広がってくれれば」と期待する。15日に沼津市内で開くお披露目会で、関係者らに振る舞う。

 同JAは1日から、素六ブランドの第1弾として「ドリップ」と同じ茶葉を使った「プレミアム沼津茶」を限定販売している。夏以降、素六名義の水出し茶、フレーバー茶などの発売も予定する。

静岡新聞社

最終更新:5/10(水) 8:10

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS