ここから本文です

鈴与シンワート、企業向けヘルスケア管理「けこらいふ」を開発

BCN 5/10(水) 17:42配信

 鈴与シンワート(池田裕一社長)は5月10日、ヘルスケア管理システム「けこらいふ」を開発したと発表した。

 けこらいふは、社員の心身の健康を管理する「健康経営」に取り組む企業を支援するためのヘルスケア管理システム。社員が毎年受診する健康診断のデータを管理サーバーに蓄積するとともに、社員の日々のアクティビティデータ(睡眠や歩数など)を集計・分析することで、社員の健康に関して企業側から積極的にアプローチすることを支援する。グラフ表示はもとより、収集・蓄積した各社員のデータを匿名で集計・分析し、健康経営の指標に活用することができる。

 拡張性にも優れており、API連携によって、さまざまなサービス・製品との連携が可能。また、各社員が使用するスマートフォンアプリと、集計分析を行う管理システムで構成されているため、社員は複数のアプリをもつ必要がなく新たなサービスの提供を受けることができる。なお、専用アプリはApp Storeからダウンロードすることができる。

最終更新:5/10(水) 17:42

BCN