ここから本文です

元ICONIQの伊藤ゆみ、母親役に初挑戦!沢尻エリカ主演「母になる」

5/10(水) 16:30配信

cinemacafe.net

沢尻エリカが母親役として主演を務める日本テレビ系ドラマ「母になる」。この度、5月10日(水)今夜放送の第5話に、ICONIQという名でアーティスト活動を行っていた伊藤ゆみが自身初となる“母親役”で出演することが決定した。

【写真】伊藤ゆみ/「母になる」第5話

本ドラマは、息子を誘拐された過去がある沢尻さん演じる主人公・柏崎結衣をはじめ、結衣のもとに戻ってきた息子が母と慕う女性・門倉麻子(小池栄子)、結衣のママ友・西原莉沙子(板谷由夏)が、それぞれ「母」として成長していく物語。

再び施設で暮らすことになった広(道枝駿佑)が、戻る途中に姿を消してしまったところで終了した前回。第5話では、結衣(沢尻エリカ)は広が麻子のところに行ったのではないかと不安を抱くが、木野(中島裕翔)から今偉(望月歩)と一緒にネットカフェにいるのを見つけたと連絡がくる。「僕に任せて下さい」という木野の言葉を信じることにしたものの、結衣は心配で落ち着かない。広は、行方不明になっている今偉の母親がネット上の地図に写りこんでいるのを知り、居場所探しで結託していた。木野が立ち会う中、ようやくヒントを掴んだ広たちは母親に逢いにいくが…。

同じ頃、麻子は一緒に飲みに行って意気投合した琴音(高橋メアリージュン)から、新しい仕事を紹介してもらっていた。それが柏崎オートの仕事とは知らないまま、里恵(風吹ジュン)にも会い、気に入られる。しかし里恵から、可愛がっている孫だと広の写真を見せられ――というストーリー。

今回出演が明らかになった伊藤さんは、韓国でスカウトされ「sugar」として韓国デビュー。解散後はAhyoomee名義でソロとしての活動を経て、拠点を日本に移し、伊藤ゆみとしてCMや映画、ドラマに出演。さらに、留学後はICONIQとして再デビューし、その前には自分を変えようとする意気込みを形にするため長い髪を切り、ベイビーショートにしたことでも話題になった。

本作で伊藤さんが演じるのは、結衣の息子・広の施設の先輩にあたる田中今偉の母・田中舞子役。公開された写真からわかるように、メイクも薄く、なにか深い理由があるような雰囲気…。その理由はドラマの中で徐々に明かされるという。

3年ぶりとなるテレビドラマ出演に伊藤さんは、「初めての母親役に挑戦させて頂き、とても緊張しましたが、演じさせて頂く中で様々な母の愛のカタチが存在するんだなと深く考えさせられました。とてもいい経験をさせて頂きました」とコメントを寄せている。



「母になる」は毎週水曜日22時~日本テレビにて放送。

最終更新:5/10(水) 16:30
cinemacafe.net