ここから本文です

〔東京株式〕やや伸び悩み=円安一服で(10日後場寄り付き)

時事通信 5/10(水) 13:00配信

 【第1部】円安傾向の一服や株式先物が軟調に転じていることを背景に、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともやや伸び悩んでいる。
 任天堂が値を保ち、ソフトバンクG、ファーストリテの値がさ株はしっかり。東芝が堅調で、三菱自、ホンダは強含み。ソニー、ミネベアミツミ、東エレクが上伸し、伊藤忠、コマツ、三菱重は強もちあい。半面、SUBARU、トヨタが値を下げ、マネパGは軟調。ファナックが下押し、スクリンは大幅安。三菱商、三井物が甘く、旭硝子はさえない。三井住友が弱もちあい。

最終更新:5/10(水) 15:27

時事通信