ここから本文です

「籠の中の乙女」女優マリア・ツォニさん遺体で発見 享年30歳

映画.com 5/10(水) 14:15配信

 [映画.com ニュース] 不条理コメディ映画「籠の中の乙女」の女優マリア・ツォニさんが5月8日(現地時間)、ギリシャ・アテネにある自宅アパートで死去しているのが発見された。享年30歳だった。

 米バラエティによれば、ツォニさんは息を引き取る前に救急車を呼んでいたと、地元紙Espressoが報じているという。米グリーク・レポーターでは、同じ女優だった親友によって発見されたと報道している。死因は明らかにされてないが、重度のうつに苦しんでいたようだ。

 ツォニさんはパンクデュオのシンガーとしてキャリアをスタートさせた後、ギリシャのインディーズ映画に出演するようになった。ヨルゴス・ランティモス監督の「籠の中の乙女」では、外の世界から隔離され、両親から奇妙な教育を施される3兄妹の末っ子を演じた。同作は、第62回カンヌ国際映画祭ある視点部門で最優秀作品賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネート、ツォニさん自身も共演のアンゲリキ・パプーリァとともにサラエボ映画祭の最優秀女優賞を受賞していた。

最終更新:5/10(水) 14:15

映画.com