ここから本文です

街の名前が付いたバラ「ローザ・つづきく」開花 バラまつりも /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 5/10(水) 11:30配信

 都筑中央公園(横浜市都筑区茅ヶ崎中央)円形広場のバラ「ローザ・つづきく」が開花した。(港北経済新聞)

「はまみらい」も開花

 フランス・アンジェ市近郊の町「オービニエ・スール・レイヨン(A.S.L)」で作られた新種のバラ「ローザつづきく」。1997年頃から都筑区は、A.S.Lに国際交流団を派遣し、都筑区や日本文化の紹介などを行なってきた。2000年には、その友好関係を記念してA.S.Lから「都筑区」の名前を冠したバラ「ローザつづきく」が贈られた。

 光沢のある淡いピンクや白の花と甘い香が特徴のバラは、毎年5月中旬から下旬にかけて開花のピークを迎える。近くには、2008年に横浜開港150周年を記念して選定された新種のバラ「はまみらい」も咲いており、合わせて200株近くのバラを楽しむことができる。

 5月14日には円形広場で、バラを楽しむ「ローザ・つづきくバラまつり」も開催。三色餅や炭火焼きフランクフルト、ワイン、ビールなどの模擬店のほか、竹細工作りや餅つきの体験や、コンサートも予定する。

 開催時間は10時~15時(餅つき体験は12時まで、コンサートは12時30分~14時30分)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/10(水) 11:30

みんなの経済新聞ネットワーク