ここから本文です

俺のターン、相手の民芸を攻撃! 日本の郷土玩具・民芸品の魅力満載のカードゲーム「民芸スタジアム」登場

5/10(水) 0:10配信

ねとらぼ

 レトロでかわいい民芸品がまさかのカードゲームになった! 全47都道府県の民芸品が勢ぞろいして戦うバトルゲーム「民芸スタジアム」が5月14日に発売されます。

【画像】民芸品カードゲームの中身

 全47枚の民芸カードとサイコロを使い、相手の民芸を攻撃しながら、先に一定数の民芸を自分の場にそろえた人が勝ちとなるシンプルなゲームです。それぞれの民芸には特殊能力があり、上手く能力を使いながら勝利を目指す奥深い戦略も楽しむことができます。

 カードには1枚1枚全都道府県の民芸品の写真が掲載されており、これらはすべて製作元や監修元から公認されたもの。作り手の魂が込められた美麗な写真は眺めているだけで楽しく、さらに解説も入っていて民芸品への知識も深めることのできる図鑑のようなカードゲームです。

 開発は「ノアの箱舟ポーチ」など数多くの魅力的な商品を世に送り出している工作家・工作系ライターの乙幡啓子さんが運営する妄想工作所と、おもちゃやゲーム開発を行う株式会社ウサギによる2社合同。開発者本人たちが日本の郷土玩具・民芸品の魅力に取りつかれ、その魅力を自分たちなりの方法で多くの人に伝えられたら、という強い思いから商品開発に至りました。

 「民芸スタジアム」の価格は2000円(税別)。2017年5月14日から妄想工作所の公式ウェブショップで販売開始です。また、5月14日に東京ビッグサイトで行われるゲームマーケット内の「妄想工作所」ブース(L35)でも販売されます。

最終更新:5/10(水) 0:10
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ