ここから本文です

見栄晴、女手一つで育ててくれた母親が89歳で亡くなったことを明かす

スポーツ報知 5/10(水) 0:53配信

 タレントの見栄晴(50)が9日深夜に更新したブログで、母親が7日早朝に亡くなったことを明かした。89歳だった。

 見栄晴によると、母親は近年は老人ホームに入っており、見栄晴が訪れるのを楽しみにしていたという。ブログには「最後は俺の手をギュッと握りしめ、この世を去っていったおふくろ…看とる事だけはでき、少しは親孝行できたのかな?」とつづった。

 父親を8歳の時に亡くした見栄晴。母親は昼間はパート、夜は自宅の横にあった食堂をやりながら、女手一つで見栄晴を育てたのだという。見栄晴は「心配や苦労しかかけませんでしたが、亡くなるまで俺の1番のファンでいてくれたんだと思います。これからもきっと見守ってくれながら、応援し続けてくれると思います」と振り返ると、「まだ亡くなってしまった事が信じられません…。少しでも良いからもう一度声を聞き、話しがしたいです…。今まで注いでくれた沢山の愛情を忘れません!『お母さん、ありがとう…』」と結んだ。

最終更新:5/10(水) 0:53

スポーツ報知