ここから本文です

高杉真宙、7人の写真家が撮り下ろす2nd写真集を発売! 初の握手会イベントも

cinemacafe.net 5/10(水) 17:30配信

『PとJK』『ReLIFE リライフ』など話題作に続々と出演する、いま注目の若手俳優・高杉真宙。この度、彼の2nd写真集「20/7」が、7月1日(土)より発売されることが明らかに。また、高杉さん自身初となる握手会イベントも開催されることが決定し、高杉さんは「いままでファンの皆さんと直接お会いする機会がなかなかなかったので、どんな感じなのか想像がつかなくて…とても緊張しています(笑)。皆さんとお会いするのが本当に楽しみです!」とコメントしている。

【画像】丸メガネが似合う高杉真宙

1996年7月4日生まれ、福岡県出身で現在20歳の高杉さん。2009年に舞台「エブリ リトル シング09」で俳優デビューを果たし、『カルテット!』で映画初主演。以降、「仮面ライダー鎧武/ガイム」「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」『渇き。』など数多くの作品に出演し、今後も『トリガール!』『散歩する侵略者』、主演映画『想影』『逆光の頃』など出演作の公開を控えている。

このほど発売が決定した写真集では、そんなドラマや映画、舞台で活躍する若手俳優・高杉さんの、19歳から20歳へ、大人の階段を登った彼を、今回7人の写真家が撮り下ろした。写真集のタイトルである「20/7」には、“20age/7people(7人の写真家が切り取った20歳の高杉真宙)”と、“24/7(毎日、四六時中)”のスラングに絡めて、「20歳の高杉真宙を毎日眺めてほしい」という意味が込められている。雑誌で連載されたアザーカット含め、写真集のためだけに撮り下ろした貴重なフォトが満載となっている写真集には、いままで語られることのなかった素顔満載のロングインタビューも併載されている。

出演作が相次ぐ中、高杉さんは「僕は去年から今年にかけて映画のお仕事が増え、たくさんの監督と出会ったことで、“色々な撮り方があるんだなぁ、こんな自分もいるんだなぁ”と役を通して感じる機会が多かったんです」とふり返り、「写真は映画やドラマなどとまた違って、そのままの高杉真宙が写されていると思うのですが、演技をしているときと共通する部分がありました。様々なカメラマンさんとの出会いで、自分でも意識的に撮られ方を変え、今回は決めてかっこよく、今回は自然体で…など、たくさんの挑戦をすることが出来ました」とコメント。また、自身でも写真を見て「自分がこんな表情や動きをするんだ、こんなに変化するんだ!」と新たな発見があったようで、「素敵な作品にして頂けたと思います。素晴らしいカメラマンさんに引き出して頂いたたくさんの高杉、20歳の男としての高杉を、ぜひ皆さんに見て頂けると嬉しいです」と呼びかけている。

なお、今回撮影を手掛けた写真家は、小松陽祐、sai、須田卓馬、TAKAKI_KUMADA、半沢健、藤本薫、藤本礼奈の7人。それぞれ、20歳の誕生日を迎える高杉さんの門出となるショット、休日の一コマ、背面ショットなどを撮影している。

高杉真宙2nd写真集「20/7」は7月1日(土)より発売開始。

最終更新:5/10(水) 17:30

cinemacafe.net