ここから本文です

ポラール、Stravaライブセグメント対応のサイクルコンピューター「Polar M460」

アスキー 5/10(水) 18:00配信

ポラールはGPSサイクルコンピューターの新モデル「Polar M460」を発売する。Stravaライブセグメントに対応し、ネットを介して世界中のユーザーとタイムを競うことができる。

 ポラール・エレクトロ・ジャパンは5月10日、GPSや気圧計を装備するサイクルコンピューター「Polar M460」を発表。6月上旬に発売する。
 
 従来機「M450」の後継機にあたり、空気力学的に優れた形状や手袋を着けたままでも操作しやすいボタンを装備、IPX7の防水機能を持つ。GPSと気圧計、傾斜計を内蔵し、パワートレーニングで必要となるNP(Normalized Power)、IF、TSS(Training Stress Score)の数値を表示できる。
 
 Stravaプレミアのライブセグメントサービスを利用でき、M460で得られたデータをクラウドサービスで管理できるほか、オンラインで他のStravaユーザーとスピード勝負をすることができる。Stravaプレミアは有料サービスだが、購入者はプレミアサービス2カ月間無料で利用可能。
 
 スピードや距離、高度などサイクルコンピューターとしての機能ほか、スマホの着信やメール受信などの通知機能も備える。心拍センサーが付属して心拍測定機能を備えるモデル「Polar M460 HR」(3万2184円)、および心拍計が省略されたPolar M460(2万5704円)の2モデルが用意される。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:5/10(水) 18:00

アスキー