ここから本文です

柿下木冠さん主宰「一基会」書展 静岡、14日まで

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/10(水) 11:02配信

 第35回記念一基書展(一基会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が9日、静岡市駿河区の県立美術館県民ギャラリーで始まった。14日まで。

 同区の書家柿下木冠さん(77)が主宰する同会の会員や準会員、会友計31人が64点を出品。亡き父との時間から着想した平井聴雨さん(61)=同市葵区=の大作「一刻」や、力強い筆致の一字書、漢詩や俳句を題材にした作品などが並ぶ。

 柿下さんも故郷川根本町の川をイメージした「河」など8点を出品した。運営委員長の神谷萬象さん(67)=同区=は「伝統的な書から、若い感性で書かれた現代的な作品まで楽しめると思う」と話した。

静岡新聞社

最終更新:5/10(水) 11:02

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS