ここから本文です

「ガレッジセール」ゴリ テレビからなぜ消えた?

東スポWeb 5/10(水) 16:50配信

 テレビ局の“弱腰自主規制”の犠牲か――。お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(44)が、沖縄基地問題の呪縛に悩まされている。沖縄出身のゴリは、芸能界のなかでもいち早く在日米軍が駐留する沖縄の普天間基地問題を取り巻く環境について発言してきたが、それが自身の芸能活動に大きく影響し始めているという。

 かつて“沖縄芸人”として各局でレギュラー番組を多数抱える売れっ子だったゴリだが、現在の出演番組はピン、コンビ合わせて数えるほどしかなくなってしまった。一部では「消えた」とさえ言われ始めている。その一因となったのが、沖縄基地問題に関わる発言だ。

 宜野湾市の普天間基地は近隣が住宅地であるほか、過去に大学の構内に米軍機が墜落するなど、一部では「世界一危険な基地」と呼ばれてきた。

 一方で移設先が名護市の辺野古沖に決まると“プロ市民”と呼ばれる人たちが大勢で過激なデモを行い、なかには暴徒化する人まで現れたほか、揚げ句の果てに勝手に道路を封鎖して、一般人や観光客の車を検問する暴挙に出る問題行為も報じられてきた。

 そんな状況を見かねたゴリは、正しい沖縄の基地問題の現状を訴えようと立ち上がったが「昨年、ゴリが沖縄の基地問題について『反対派の声ばかりが目立っている』と話したインタビューが話題になりました。それまでもゴリは基地問題について賛成、反対ではなく、冷静な視点で状況を伝えてきましたが、これが各テレビ局上層部の目に留まって『政治的な発言は危ない』と敬遠される原因になってしまった」(テレビ関係者)。

 さらに、この発言から自身を取り巻く環境まで変化してしまっている。

「ゴリの発言を自分たちへの当てつけと思った“プロ市民”と思われる人からのクレームもあるようで、実際に起用しづらい状況も生まれています。ある地方局では事務所の先輩の大御所芸人たちが、現状を見かねてゴリを起用する企画を出したんですが、やはり局の上層部が難色を示してボツになったそうです。このままでは、ゴリのテレビ出演は減る一方ですよ」(前出関係者)

 ゴリの発言はあくまで沖縄を愛するがゆえに、反対派の過激行動ばかりがクローズアップされてイメージが悪くなるのを危惧してのこと。基地問題について賛成や反対の立場を表明したわけではないのだが、その発言が曲解されて“問題児”扱いされるのは、あまりにも不当な扱いと言わざるを得ない。

「一部の芸人たちの間でもゴリの状況は知られていて“プロ市民”と思われる人のクレームに過剰に反応するテレビ局の弱腰を批判しています。なかには“ゲス不倫”を起こしたベッキーや“出家騒動”の清水富美加も出ていた『にじいろジーン』に出演しているだけに、冗談交じりで『にじいろジーンの呪い』とまで言う人もいるほどです」(芸能関係者)

 最近はネットなどでクレームが書き込まれると過剰に反応することが増えているが、ゴリの置かれている現状も、そうした過剰対応によって生まれたと言えそうだ。

最終更新:5/10(水) 19:00

東スポWeb