ここから本文です

浦和DF森脇「くさい」で2戦出場停止 謝罪会見では「差別なし」を強調

5/10(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 Jリーグは9日、J1第10節の4日・浦和-鹿島戦(埼玉)で侮辱的発言をした浦和のDF森脇良太(31)に2試合の出場停止処分を科すと発表した。試合後に鹿島のMF小笠原満男が、同僚のレオシルバに対して森脇が「くさい」と差別的な発言したと主張し、7日にJリーグの規律委員会が両者を聴取していた。

【写真】ガンバ大阪ではナチス親衛隊の応援旗も…

 処分決定後、さいたま市内のクラブハウスで取材に応じた森脇は、「心から謝罪をしなければいけない」と頭を下げた。指摘されたレオシルバへの発言については「『差別の森脇』だと世間では理解されていますけど…」と状況を鑑みた上で、「差別的な発言、言動、行動、そのようなことはなかった」と主張。両選手に対して「チャンスがあれば僕の口から謝罪をさせてもらいたい」と語った。

 Jリーグの黒田卓志フットボール本部長は「くさい」という発言自体があったことは両者の見解が一致したため認定し、「侮辱的な発言があった」と説明した。しかし、誰に言ったかは「確認できなかった」、処分理由も差別ではなく「侮辱があった」ことを挙げた。出場停止は第11節の新潟戦と、第12節の清水戦。