ここから本文です

原油先物上昇、サウジアラムコが供給削減との見方で

ロイター 5/10(水) 10:45配信

[東京 10日 ロイター] - 10日アジア時間の取引で、原油先物が上昇している。サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが、6月のアジア向けの原油供給量を約700万バレル削減する見通しだとしたロイター報道が背景。

0028GMT(日本時間午前9時28分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.5%高の1バレル=48.98ドル。

米原油先物<CLc1>は0.6%高の同46.17ドル。

北海ブレント先物と米原油先物は、9日はいずれも1.2%下落していた。

最終更新:5/10(水) 10:45

ロイター