ここから本文です

【超ネタバレ】『NieR:Automata』ディナートークショウ@STORIA潜入リポート【Eエンド確認済みの人以外は閲覧注意】

5/10(水) 19:02配信

ファミ通.com

文・取材:ライター 堤教授

●『NieR』だけではなく『DOD』のネタバレもあるので超絶注意です
 2017年5月3日、池袋にあるSTORIA(スクウェア・エニックスのシアターカフェ)で“Eエンド”を確認済み、かつ20歳以上のファンを集めたディナートークショウが開催された。ここでは、タイトル通り“超ネタバレ”の爆弾発言連発だった本イベントの現地の様子をリポート。もちろん、本リポートもネタバレ全開なので、まだ“Eエンド”に到達していない方はくれぐれもご注意ください!

 出演者は、プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターのヨコオタロウ氏、2B役の石川由依さん、9S役の花江夏樹さん、ポッド042役の安元洋貴さん、パスカル役の悠木碧さん。なかでも、安元洋貴さんと悠木碧さんは、尋常ではないNieRファンで、ヨコオ氏が“NieR界の狂犬”と表現するのも納得の濃い話を展開していました。イベントはニコニコ生放送で配信(視聴ページはこちら)されていたので、狂犬っぷりをご堪能されたい方は、ぜひタイムシフトでチェックしてください。

 イベント冒頭では、まず、齊藤プロデューサー、2B役の石川由依さん、9S役の花江夏樹さんが登場(画面外にヨコオディレクター)。共演者たちを引かせるほどの『NieR』愛がほとばしっているポッド042役の安元洋貴さんとパスカル役の悠木碧さんのふたりについては、「イベントの最初から“NieR界の狂犬たち”を登場させると、石川さんがひと言もしゃべれなくなる危険がある」(ヨコオ氏)ため、少し後からの登場となりました。

 ふだんはあまりゲームはプレイしないという石川さんですが、『NieR:Automata』に関しては、「Eエンドをクリアーし、セーブデータも消し、いま再びプレイ中です。武器は全部入手し、クエストは残り3つになって、現在はレベル上げをがんばろうとしているところ」としっかりハマっている様子。一方の花江さんは、2回セーブデータを削除して、いまPC版をプレイ中。熱心にプレイしているおふたりですが、『NieR:Automata』の収録時は、「2Bの場合、9Sの場合、という説明があって、どういう話なのかよくわからなかった(でも、実際にゲームをプレイして始めて理解できた)」(石川さん)、「これ、おもしろいのかな……」(花江さん)とピンときてなかったとのこと。これは、ヨコオ氏の台本の書き方に拠るところが大きく、台本は物語の流れに沿って書かれているわけではなく、前後バラバラで書かれ、最終的に点と点をつなげるように物語が作られるため、収録時に物語は断片でしか把握できず、おもしろいかどうかが判断できなかったということでした。

■2Bと9Sのドルフィードリーム化が発表!
 そんなヨコオ流の物語作成術が披露されたあと、いよいよ“NieR界の狂犬たち”こと、安元洋貴さんと悠木碧さんがトークに参加。悠木さんは、挨拶代わりに手作りした9Sのドールを披露し、冒頭から会場の濃いファンを圧倒していました。さらに、ドールの話題……というか、新発表が! なんと、2Bと9Sのドール化企画の始動が発表! スクエニカフェなどで展示され、話題になっている2Bのドールは、京都にあるボークス社のドールシリーズ“ドルフィードリーム”をカスタムして作られたものですが、そのボークス社から、2Bと9Sがドルフィードリーム化され、発売されるというのです! しかも、武器やポッド付き。このドール化には、悠木さんの猛プッシュ(齊藤Pに長文の要望書を書いて送ったとか)があったようで、「ドール化が実現して本当にうれしい! でも、売れないと申し訳ないので、皆さん買ってください!」とアピールしていました。ちなみに、発売時期などはまだ未定です。

 安元さんと悠木さんの“『NieR:Automata』ハマリ度”ですが、おふたりとも3回セーブデータを削除したということです。スゴイ……。しかも悠木さんは「バカなタイミングでデータを消したので、ダウンロードコンテンツが(レベル的に)クリアーできなくて、いま必死にレベルを上げています」と4回目のプレイ中とのこと。安元さんは「3回目の削除は昨日で、ダウンロードコンテンツをクリアーしたデータを消す、というマゾプレイをしてきました。でも、USBメモリー……僕はバンカーと呼んでいるんですが、それにバックアップは取っています(笑)」。会場では、2回消したという人はいたが、3回は確認できず。さすがNieR界の狂犬のおふたりです……。

■質問コーナーの回答(ゲストからの質問含む)
 『NieR:Automata』話が止まらない安元さんと悠木さん。おふたりは、ゲームの打ち上げで、疑問に思ったことをヨコオ氏にぶつけて、ゲームでは語られなかったさまざまな設定に唸ることになったとのこと。そして、そんな『NieR:Automata』についての深い話を、ファンたちと共有したいということから、今回のイベントが開催されることになったということです。というわけで、イベントは、ここからは超ネタバレ全開でお届けする、質問コーナーです。まずは、手始めに安元さんが口火を切りました。

安元 初めてのアダム戦後のBGMが『オバアチャン/破壊』でしたけど、ということはイヴがアダムのお母さんで、アダムを生んだ機械生命体がオバアチャン? って妄想したんですが……。

ヨコオ ぜんぜん関係ないです。絵にいちばん合う曲をアサインしていったら、たまたま『オバアチャン/破壊』がマッチして入ることになりました。

花江 ポッド006(『NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫』[電撃オンライン編集部]の小説に登場)は、ほかのポッドよりもしゃべりかたがフランクだけど、関西弁のポッドもいる?

ヨコオ いるかもしれないですね。ポッドは番号が若いほうが知性があるというか人間に近いという設定があって、ポッド042と153では042にほうが感情が豊かで、いろんな意思を示しています。

――ポッドの数字の意味は?

ヨコオ 042は、ある小説(ダグラス・アダムズ著『銀河ヒッチハイク・ガイド』)に出てきた究極の数字からの引用です。153は、聖書に出てくる153匹の大きな魚が由来。006は、聖書で神が天地創造した際、6日で作り7日目は休んだという話がありますが、機械は休まないので006というナンバーが出てきました。

――2Bや9Sがゴーグル、オペレーターがマスクを着けている意味は? 

ヨコオ SF的には、ゴーグルを通して物を見ている、マスクはマイクの代わりに付けているという設定があります。ただ、ゴーグルは“真実を見ていない”、オペレーターのマスクは、“真実を言わない”という暗喩があります。それに紐付いたものとして、ヨルハ部隊や人類軍のエンブレムには閉じられた目の形がデザインされていて、それは真実を見ていないということを表しています。一方で、レジスタンスのエンブレムは目を開いているデザインになっていますが、レジスタンスだけは真実を見ているということになります。ゲームでは、物語上で未来がわかったり、自分の意志を獲得して前に進むときにゴーグルをとって気持ちを表す、という演出意図がありました。

――バンカー内がモノトーンなのは?

ヨコオ “死んでいる世界”を表現する意図からです。すでにこれから死ぬことが予定されている、遺影のようなものが最初から示されています。

――2Bが死ぬとき、「ナインズ」と言っていた?

石川 言いました!(会場から拍手)

ヨコオ ゲーム画面では“9S”って表示なんですが、台本には“ナインズ”とルビを振りました。

――A2が髪を切った理由は?

ヨコオ 死んでいくヨルハ部隊に対して、追悼の意味で髪を切って捧げるという儀式のようなものですね。

安元 アンドロイドは髪が伸びるんですか?

ヨコオ 伸びます(会場から「へぇー」と驚きの声)

花江 匂いは?

ヨコオ 動物じゃないので臭くはならないですが、機械なのでホコリがたまるみたいな匂いはする。

――9Sが何度も死んでいることはオペレーターは知っている?

ヨコオ 知っています。

悠木 2Bが9Sを殺した後、9Sに記憶がないことについて、まわりのヨルハたちはどう思っているのですか? こいつバックアップもとらずによく死ぬなぁみたいな?

ヨコオ 戦闘でデータが巻き戻ることはよくあることなので、まわりは気にしていません。ただし、S型はスキャナーモデルでB型と違って、そんなに戦場に行くモデルではないので、「S型の割にはよく死ぬな」って思われている。

花江 オペレーターさんから、9Sの増産が決定したという通信がありましたが、あれは本当のことなんですか?

ヨコオ 本当です。9Sは優秀で戦力になるので増やそうと。ただ、2Bもセットで増産されることが決定されました。9Sが機密に触れる危険が増えますが、(2Bをセットで増産すれば)2Bが9Sを殺して機密を維持できる、という判断で。

安元 司令官は、9Sがヨルハ計画の真実に辿りつくことは事前にわかっていたんですよね?

ヨコオ はい。かなり前からわかっていて、何度も死んでいることもわかっています。

――ヨルハ計画の創始者って誰?

ヨコオ それはどこかで言うかもしれないし、言わないかもしれない。

――2Bたちの衣装が黒い理由は?

ヨコオ ヨルハ計画の創始者が喪服をイメージしてデザインしました。この創始者がゴーグルやマスクもデザインしています。ちなみに、2Bのスカートや9Sのズボンには放熱の用途があって、そのため、戦闘中は(2Bや9Sの熱を吸収して放熱するため)熱くなります。

――なぜ机の上にアダムのメガネが置かれていた?

ヨコオ イヴが置いたからです。

――機械生命体がみんなニイチャンが好きなのは? ヨナ(の記憶)と関係あるのですか?

ヨコオ ヨナは関係ありません。機械生命体がニイチャンを大事にするのは、創造主であるエイリアンを倒して、親がいないことへの寂しさを埋めるためです。頼れる人を作りたくて、いちばん近い存在として兄を作り出したということです。

悠木 『NieR Replicant/Gestalt』のロボット山でも兄弟関係の話があったので、それとも何か関係があるのかなと思ったんですけど?

ヨコオ とくにないです。いま話して思ったのは、僕はお兄ちゃん好きなのかもしれないですね(笑)。

花江 機械生命体に感情みたいなものが芽生えたは、P33(『NieR Replicant/Gestalt』に登場。ボイスは安元さん)がキッカケですか? 『ドラッグ オン ドラグーン』の10周年記念BOXにある小説『プロメテウスの火』で、P-33が機械生命体らしき者たちに、テレパシーみたいなものを送るじゃないですか? あれが事件の発端なんですか?

ヨコオ そうですね。『プロメテウスの火』のなかで、P33が機械生命体に“意識を配る”っていうシーンを描いていて、そこから機械生命体が自我を持って反逆を始める、という『NieR:Automata』の発端になったエピソードが入っています。そのエピソードを書いた映島さんから、「(限定版だけではなく)何らかの形で世に出さないとコロス」と言われているので、齊藤さんがお金を出してくれれば、何らかの形で世に出るかもしれませんね。

――司令官の上には誰いますか?

ヨコオ 月面の人類会議サーバーがあるだけです。

――オペレーター6Oはバンカー爆破でいなくなったのでしょうか?

ヨコオ 残念ながらバンカーといっしょに死にました。

悠木 逃げているときに、通信が入りますよね? 「お花、あ、あ、あありがとう」みたいな。

ヨコオ あれが6Oです。21Oは、Bタイプに転向していたため、作戦開始時に地上に下りていたので無事でした。

花江 21Oのように、タイプは簡単に変えられるんですか?

ヨコオ そんなにコロコロと変えられるわけではないですが、申請してそれが通れば変えられます。会社の転属と同じ感じです。

花江 ゲーム序盤、2Bといっしょに9Sもいるのに、なんでハッキングの宝箱が開けられないんですか?

ヨコオ あれは……9Sが気が利かないからです(一同爆笑)。

――なんで、ポッドがA2にハッキングの権限を許可したの?(ハッキング自体はスキャナーモデル以外でも可能らしい。でも危険なので禁止されている)

ヨコオ ポッドは基本的にはなんでもできるんです、黒幕なので。バンカーが存在しているときは、ポッドは独断でハッキング機能の許可を与えたりはしませんが、バンカーがなくなった状態ではポッドが独断で判断します。ちなみに、Eエンドでポッド042が2Bと9Sの救済を提案しなかったら、どんな未来がくるかと言うと……あの世界には、たくさんのポッドたちがいるのですが、彼らが世界に残っているヨルハたちの痕跡を消して回る、つまり、生き残っているヨルハたちを殺して回るというプログラムがされているので、それを実行しようとします。ですが、ゲームではポッド042の反逆で、ああいう結末になっています。それをゲームではぜんぜん説明していないので、よくわからないまま終わっています!

――安元さんがいちばん言いたくなかったセリフは?

安元 “このゲームをプレイしてくれたプレイヤーに……”というセリフは本当に言いたくなかったです。僕にとってはゲームではなくて、実体験と思って必死に演じたのに、ゲームって言い切られちゃったので。収録のとき、ヨコオさんに「これ、ゲームって言わなきゃダメですか?」ってワガママを言ったりしました。

ヨコオ メタ発言ですが、それにもちゃんと意味はあるんです。同じように『ドラッグ オン ドラグーン3』でもアコールってキャラクターが画面を覗き込むというメタ表現があります。その意図はまだ秘密です。

安元 「本当に、本当にありがとうございました」というセリフは、『ドラッグ オン ドラグーン』の最後のマナのセリフでもありましたが、あえていっしょにしているんですか?

ヨコオ はい。

――武器屋との会話で出てきたアコールは『ドラッグ オン ドラグーン3』と同一人物?

ヨコオ アコールは(デポル&ポポル的のように)複数いるので、同一人物というか同一種類ですね。アコールは、世界の武器屋を取り仕切っている武器商人です。

花江 『ドラッグ オン ドラグーン3』では使徒は鳩の化身じゃないですか? 『NieR:Automata』に出てくる鳩と、何か関係ありますか?

ヨコオ 申し訳ないですが関係はないです。

花江 ゼロ(『ドラッグ オン ドラグーン3』の主人公)の目に咲く花と、月の涙は関係あります?

ヨコオ ないです。

安元 『ドラッグ オン ドラグーン3』のロード時間が長いのは関係ありますか?(笑)

ヨコオ (笑)。広い意味では関係あります。呪いです。

――キャストはオーディション? それとも指名ですか?

ヨコオ オーディションではないです。まず最初に、2Bを誰にしようかというときに、キャストをアサインしてくださる方から、いろいろなご提案をいただいた中で、石川さんがすごくいいってなと思ってお願いしました。つぎに9Sがすごく難航したんですよね。少年と青年の中間を狙っていて、なかなか決まらなかったんですが、そんなときに齊藤さんが……。

齊藤 『東京喰種トーキョーグール』ですよ。金木くんですよ。最初は大人しい金木くんを見て、ヨコオさんが求めているものに合わないな、と思ったんですが、激しいほうを見て、「これだ」と。ヨコオさんに伝えたら……

ヨコオ それを見て僕も「これですね」と、すぐ決まりました。あとから考えると、白髪の少年でよく叫ぶってところは『東京喰種トーキョーグール』と丸カブリで、石田スイ先生、ゴメンナサイという気分になりました。

花江 でも、『東京喰種トーキョーグール』にもエミールみたいなキャラが出てきますから、おあいこじゃないですか?(笑)

安元 amazarashiさんも歌ってるし(第2期エンディング)、共通点が多い(笑)。

ヨコオ ポッド役の安元さんとあきやまさんに関しては以前から存じ上げていて、声もすごく安定しているということで、非常に重要な役どころでしたし、最後を締めていただけると思ってお願いしました。悠木碧さんは、プラチナゲームズのゲームデザイナーの田浦さんが「悠木碧を採用しなければ、オレはもう『NieR』を作らない」って言うので。

齊藤 でも、女の子のハマリ役がもうなかったんだよね?

ヨコオ なので、パスカルが女の子声になりました。

安元 最初、台本見た時、どう思った?

悠木 赤い少女の役だと思った(会場爆笑)。

ヨコオ 赤い少女を演じていただいた中田譲治さんはパスカルを演じるものだと思っていたみたいです。ところで、それぞれのキャラクターを演じてみて、彼らは人類に対してどのような感情をいだいていたと思いますか?

安元 ポッドは最初の段階では、作られた物として何も感情はなかったと思うのですが、コンサートの朗読劇の台本を読んで、少し考えが変わりました。

悠木 パスカルは、人類の感情や心がどう繋がるかみたいなところを勉強して、いちばん最初に人間らしくなったロボットだったと思います。俯瞰視点で人類のことを見られていた存在だと思います。

ヨコオ パスカルは親(エイリアン)がいなくなって、親が欠けて生まれた不安を知識や理性で埋めようとしていたんです。結局、何かに依存していたという部分ではイヴとはあまり変わらないですね。

花江 9Sは頭がいいので、ちょっと深読みしちゃうところがあったかなと思うんです。基本的には人類を愛するように作られているので、ピュアな気持ちでいたと思うんですけど、2Bといっしょに行動するうちに、人類よりも2Bを優先するようになっていって……。9Sってヨコオさんが作ったキャラクターだなってすごく感じられるんです。僕は小学生のときに『ドラッグ オン ドラグーン』を遊んだんですが、カイムの狂気と、2Bがいっぱい出てきたシーンで、9Sがニヤっと笑うシーンがすごく似ているように感じて……。この作品に関われたうえに、ヨコオさんらしいキャラクターが演じられてすごく幸せでした。

石川 2Bは真面目なので、人類に対しては“従うべきもの”っていう気持ちはありつつ、自分の運命を憎んでいる部分もおそらくあって、憎しみも感じていて……。ただ、記憶としての人類への憧れというか、平和に実現するなら、昔、人類がやっていたようなこと(ウィンドウショッピングなど)を、9Sとやりたいなって考えていると思います。

――サーバールームにいるメンテナンスくんや、サブクエ“機密情報”で登場するレジスタンスに改造されたヨルハ機体の正式名称を教えてください!(悠木碧さんからの質問より)

ヨコオ サーバールームの機体は801S(会場とゲストから「えっ!? や○い?」という反応)、改造された子は32Sです。改造したおじさんは、新しい名前をつけてあげるって言ってましたが、その願いは叶うことはありませんでした。

悠木 四○式戦術槍のウェポンストーリーに出てくる42Sの見た目は?

ヨコオ 金髪、碧眼、釣り目、細身、髪は天然パーマで短め。

悠木 最高じゃない!? マジ天使じゃん? 大天使かよ~。グリューン戦では、42Sが所属する北部12C防衛本部からの増援が来ますが、四○式戦術槍のウェポンストーリーでは、壊滅したことになっていますけど、ウェポンストーリーはグリューン戦後に書かれたもの?

ヨコオ ウェポンストーリーがグリューン戦の前に読めるのは、グリューン戦の前に記録されたものだからです。それなのに、何故、グリューン戦で(壊滅したはずの)北部12C防衛本部からの増援が来るかというと……あの世界でバグのようなものが生まれているからです。そのバグの理由は秘密です。ちなみに、それにはアコールも関わっています。

――ハッキングに成功すると、画面端に2Bと表示されるのは、何か2Bと関係がある?
※本稿の筆者は確認したことはありません……。

ヨコオ 「9Sの2Bへの思いがハッキングに出たのではないでしょうか」というのが僕の答えなんですが。

齊藤 田浦くんに答えてもらったほうがいいんじゃない?

田浦 ヨコオさんの指示じゃないんですか?

ヨコオ (小声で)UI担当の木嶋さんが、2Bでハッキングできてたころに、その表示を入れていた名残かもしれないです。

安元 (大声で)チェック漏れじゃねーか!(笑)

齊藤 違います、違います! 9Sの2Bへの想いが……。

ヨコオ 何か意図があるのかもしれないですが、チェック漏れだったら、チェック漏れだったとTwitterでツイートします!

――『NieR:Automata』の世界は西暦11000年台で、すべて風化していてもおかしくない。スピード違反の紙なんか残っていないはずですが……。

ヨコオ 世界が形を残している理由は、アンドロイドが人類の復興のために世界を再生しているからです。しかし、再生しては、それを機械生命体に破壊されている。作っては壊され、という歴史をくり返している世界なんです。アンドロイドにとっては、人類にとってどれが大切なものかはわからないので、スピード違反の紙なんかも毎回印刷していたりしています。

 と、ここまでは誰でも観られる通常放送。以降は、プレミアム会員限定コーナーとなったため、このタイミングで、いったん中締めとなりました。

安元 前作から関わらせていただいていますが、純粋に『NieR:Automat』というゲームが楽しいからずっとプレイしていて、おもしろから皆さんと時間を共有したくて、こういう場を作ってくれってワガママを言ったら、作ってくださって。結果、皆さん、楽しかったですか?(会場から大きな拍手) DLCは有料ですけど、それもすごくプレイする意味がある内容になっているので、それ込みで『NieR:Automata』をプレイしてほしいです。

悠木 あまり自分が関わったゲームはやらないタイプなんですが、世界設定やパスカルの設定が作り込まれていて、すごく共感できたので、実際に自分でプレイしてみて、このハマりようだったので(笑)、関わることができて幸せだったと思っています。皆さんの心の中にも、すごくたくさんのステキな思い出が詰まっていると思います。これからも末永く、この世界観を愛していただけるといいな、なんて思っています。

花江 今日は本当に楽しかったです。いろいろな話ができて幸せでした。小学生のときに、なけなしのお小遣いで買った『ドラッグ オン ドラグーン』。『ドラッグ オン ドラグーン』は好きなタイプのゲームだと思って、『ボンバーマン』とどっちを買うかで悩んでいたんです。悩んだあげく、『ドラッグ オン ドラグーン』のほうを買って、プレイしてみて「なんだろう、このゲーム……」って思って、ちょっと後悔したんですよ(笑)。でも、どこか楽しい。小学生だったので、血の表現をオフにして、武器もちゃんと集めて、クリアーしました。そこから何年後に『NieR』という作品に関わることができて、いちファンとして幸せでした。出演者というだけではなく、ファンとして楽しめた作品だったので、すごくうれしくて幸せでした。ファンの皆さんと交流できて楽しかったです。

石川 ゲーム発売後にもニコ生に出演させていただいたり、コンサートでキャラクターを演じたりという機会はなかなかなくて、貴重な経験をさせていただいています。そんな経験ができているのも、皆さんがゲームを愛してくださっているからこそだと思います。収録しているときは、ちゃんと遊べるかな、と不安に思っていたんですが、私のような初心者でも本当に楽しめるので、友だちにも勧めて、『NieR:Automata』を愛してくれる方をもっともっと増やしていけたらと思っています。コンサートの朗読劇も、Eエンドをクリアーした方には、ぜひ観ていただきたい内容になっていますので、ぜひニコ生放送で確認してみてください。

ヨコオ 質問には答えさせていただきますが、僕が答えを出すことで、可能性が限定されていくので、現実でも世界をすべてを把握することができないように、自分が体験して見えた範囲で、その見えたものがどういう意味を持つのか、ユーザーさんがそれぞれで解釈していただければと思います。


 リポートはここまで。超絶ネタバレありを前提としたイベントが開催されること自体、珍しいですし、それを生配信してしまうのも、さすが『NieR』という気がします。続きが気になる方は、タイムシフトでご覧ください。映像で見たほうが、何倍も楽しいはずですよ。

最終更新:5/10(水) 19:02
ファミ通.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ