ここから本文です

カセットコンロス・ワダ選曲コンピに森ラッピンとの対談

5/10(水) 12:50配信

音楽ナタリー

ワダマコト(カセットコンロス)が選曲したR&B、ブルースのコンピレーションアルバム「キングストン・バウンス~ルーツ・オブ・スカ」が5月31日にリリースされる。

このアルバムは、スカのルーツとなったアメリカのR&Bやブルースの楽曲の中からワダが選曲を行った編集盤。ライナーノーツにはワダと森雅樹(EGO-WRAPPIN')による対談が掲載される。本作の選曲に対し森は「スカのギターが弾きたかったらこれを聴けみたいな感じもあるし、普通に音楽好きの人も聴けみたいのもあるし。ルーディなところもあるし。完璧すね、これは」とコメントしている。アルバムジャケットは黒人音楽を愛するイラストレーターのRUMINZが手がけている。

ワダマコト(カセットコンロス) コメント
“ルーツ・オブ・スカ”って謳ってるけど、いまスカが好きな人に聴いてもらいたい50年代ぐらいの音みたいな感じで、当時のモダン・レーベルのセールスマンになったつもりで、「ロスコー・ゴードンがジャマイカで売れてるらしいよ」っていうのを聞いて、「じゃあうちのカタログでその手をジャマイカに売り込みに行くとしたらどうでしょう?」っていうような想定で行ってみようかなと。

森雅樹(EGO-WRAPPIN') コメント
この選曲、BGMにならないですよね。聴いちゃうっていうか。いろんなのが含まれてますけどね。スカももちろんやけど、ロックンロールもギターも。やっぱギター好きやねんなっていうのも出てるし、スカのギターが弾きたかったらこれを聴けみたいな感じもあるし、普通に音楽好きの人も聴けみたいのもあるし。ルーディなところもあるし。完璧すね、これは。

V.A.「キングストン・バウンス~ルーツ・オブ・スカ」収録曲 / アーティスト
01. Booted / Rosco Gordon & His Orchestra
02. Tennessee Bounce / Phineas Newborn with Orchestra
03. Lolly Pop / Oscar McLollie & His Honey Jumpers
04. Wine Drinkin' Woman / Roy Hawkins & His Orchestra
05. Ojai / Joe Lutcher & His Orchestra
06. Rock And Roll / Wild Bill Moore
07. I Ain’t Drunk / Lonnie "The Cat"
08. Bristol Drive / Maxwell Davis & His Orchestra
09. Black And Blue / Little Willie Jackson
10. Sweetest Little Girl / Jimmy Nelson
11. New Orleans Wimmen / Rosco Gordon & His Orchestra
12. Blue Mambo / Bobby Rey & His Orchestra
13. Vippity Vop / The Honey Boys
14. One Whole Year Baby / Earl Curry & His Orchestra
15. Jack Pot (At The Woodchopper's Ball) / Joe Hill Louis
16. Cubano Jump / Ike Turner & His Orchestra
17. I Used To Work In Chicago / Three Bits Of Rhythm
18. Oop Shoop / Shirley Gunter & The Queens
19. Blau-Wile-Deveest-Fontaine / Paul Anka
20. Good Lovin' / Bobby Bland
21. Market Place / Etta James
22. Don't Think I Will / Young Jessie with Maxwell Davis & Orchestra
23. Go To It / Ike Turner & His Orchestra
24. Sentimental Journey / Joe Houston
25. Calypso Daddy / Jeanne Demetz with Johnny Alston Orchestra
26. Maria / Rosco Gordon

最終更新:5/10(水) 12:50
音楽ナタリー