ここから本文です

下り600Mbpsや8GBメモリをサポート QualcommがSnapdragon 660/630を発表

ITmedia Mobile 5/10(水) 13:47配信

 Qualcommは5月8日(米国時間)、モバイル向けプロセッサ「Snapdragon」の新シリーズとして、「Snapdragon 660」と「Snapdragon 630」を発表した。

【カメラの光学ズームにも対応】

 Snapdragon 660は653の後継製品。CPUはQualcommが開発した「Kryo 260」(8コア)、GPUは「Adreno 512」を採用しており、CPUは20%、GPUは30%パフォーマンスが向上している。ディスプレイの解像度は最大2K(QHD)をサポートする。

 Snapdragon 630は625の後継製品。CPUはARMの「Cortex A53」(8コア)、GPUは「Adreno 508」を採用しており、CPUは10%、GPUは30%パフォーマンスが向上している。ディスプレイ解像度は最大フルHD、QXGA(1080p)をサポートする。

 660と630いずれも14nm FinFETプロセスで製造されている。LTEモデムは「X12 LTE」を内蔵しており、通信速度はSnapdragon 600シリーズとしては初めて下り最大600Mbpsを実現する(上りは最大150Mbps)。他にBluetooth 5、急速充電の「Quick Charge 4.0」、4K動画の撮影と再生、8GBメモリなどにも対応している。

 カメラの画像処理に使うISP(イメージシグナルプロセッサ)は「Spectra 160 ISP」を搭載し、最大2400万画素をサポート。シャッターラグのない高速AFが可能としており、光学ズームも利用可能。

 Snapdragon 660は現在出荷中で、Snapdragon 630は5月末までに出荷する予定。

 日本では「ZenFone 3」「Moto G5」「Moto G5 Plus」「NuAns NEO [Reloaded]」といったミッドレンジ、またはミッドハイのスマートフォンがSnapdragon 625を搭載している。660と630も、2017年のミッドレンジ/ミッドハイスマホへの搭載が期待される。

最終更新:5/10(水) 13:47

ITmedia Mobile