ここから本文です

稀勢の里「十分いい仕上がり」 正代相手に15番全勝

5/10(水) 13:03配信

デイリースポーツ

 大相撲夏場所(14日初日、両国国技館)

 横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が10日、都内の時津風部屋に出稽古し、平幕正代(25)=時津風=を相手に15番取り全勝。春場所で負傷した左上腕部、左大胸筋からの回復具合に関し、「状態はかなり上がっている。十分いい仕上がり」と話し夏場所出場へ調整はばっちり間に合った。

 前日、二所ノ関一門の連合稽古で関脇琴奨菊(33)=佐渡ケ嶽=らを相手に三役との稽古を解禁した。この日も三役経験者で伸び盛りの若手を指名。「相撲もうまくなってきているし圧力もある」と、絶好の試運転となった。

 ケンカ四つで差し手争いはガッチリ左を固めて許さない。右で抱えて豪快な寄り、右上手から投げ飛ばすなど、格の違いを見せた。

 11日に最終仕上げし、3場所連続優勝のかかる夏場所に臨む。「精神的にも落ち着いてやれているし、自信を持ってやるだけ」と、力強く話した。