ここから本文です

照ノ富士、前日負傷の右肩は問題なし 出稽古で14番全勝

5/10(水) 13:14配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所」(14日初日、両国国技館)

 大関照ノ富士(伊勢ケ浜)が10日、都内の時津風部屋に出稽古し、正代(時津風)、遠藤(追手風)、錦木(伊勢ノ海)と稽古し、14戦全勝と絶好の仕上がりを見せ付けた。

 「外れる癖がある」と前日に右肩を負傷。この日はテーピングを巻いていたが、出場に支障ないことを確認した。稽古最後にはぶつかり稽古で遠藤をかわいがり。「みんな痛いんだよ。お前だけじゃない」と気迫十分だ。

 春場所千秋楽で逆転優勝を許した横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=も出稽古に来ていたが「人を見る余裕はない。先場所は終わったことなので(先場所の)話はやめましょう」と、多くを語らなかった。