ここから本文です

<浪江の山火事>鎮火 強風などで延焼 75ヘクタール焼失

毎日新聞 5/10(水) 17:43配信

 東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に指定されている福島県浪江町の十万山(じゅうまんやま)で起きた山林火災は10日、鎮火した。

 県によると、先月29日夕に発生した火災は、強風や乾燥の影響などで、広く積もった腐葉土が燃え続け長期化し、焼失面積は推定で75ヘクタールとなった。消防士や自衛隊員らのべ5000人以上が消火に当たった。

 周辺の空間放射線量に目立った変化はない。今後は林野庁などと協力し、放射性セシウムの再飛散の実態を詳しく調べる。【尾崎修二】

最終更新:5/10(水) 17:43

毎日新聞