ここから本文です

宝塚花組・飛龍つかさ&華優希がドリームジャンボ発売PR「夢見ていただきたい」

スポーツ報知 5/10(水) 10:41配信

 「ドリームジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボミニ1億円」が10日午前8時に発売された(6月2日まで)。宝塚歌劇花組の若手ホープ・飛龍(ひりゅう)つかさと華優希(はな・ゆうき)が、大阪駅前第4ビル特設会場での発売記念イベントに出席。購入者限定30人にバラの花をプレゼントした。

 今回のドリームジャンボは、宝塚歌劇団と全面的にタイアップ。くじ券のデザインや、星組トップスター・紅ゆずるが出演するテレビCM、公演招待抽選など幅広く展開している。入団6年目の男役・飛龍は「宝くじも宝塚歌劇も、夢を見ていただくことで共通しています。みなさんに楽しんでいただきたい」と笑顔でアピールした。

 トークショーでは、「ドリームジャンボ宝くじ」の1等・前後賞合わせて7億円が当たったら? の問いに飛龍は「豪華客船にみなさんをご招待したい」。宝塚100期生で入団4年目の娘役・華は「ヨーロッパにたくさんおうちを買って、将来、自由に行けるようにしたい」と大胆な夢を語った。

 イベントにはお笑いタレント・ゆりやんレトリィバァ(26)も登場し、なかなか珍しい吉本興業芸人と現役タカラジェンヌの共演も実現した。

 飛龍と華は花組の次期大劇場公演「邪馬台国の風」の新人公演(兵庫・宝塚大劇場で6月20日、東京宝塚劇場で8月17日)で、うれしい初主演を務める。「精いっぱい頑張りたい」と話す2人に、ゆりやんは「落ち着いていきや~!」とおなじみのギャグでエールを送った。

最終更新:5/10(水) 10:41

スポーツ報知