ここから本文です

能代のラーメン店「柳麺多むら」が秋田に新店 「誰でもおいしいと思える味」目指す /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 5/10(水) 21:04配信

 能代市の人気ラーメン店「柳麺(りゅうめん)多むら」が4月28日、「外旭川店」(秋田市外旭川小谷地)をオープンした。(秋田経済新聞)

「柳麺多むら」の人気メニュー「醤油ラーメン」

 店主の田村壮司(たけし)さんが大学卒業後、秋田や東京の有名店などで腕を磨き、2015年4月に地元の能代で開業した「柳麺多むら」。

 鶏の部位5種類を使ったスープと、しょうゆや赤ワインを使ったタレ、国産の中力粉を使った麺が特徴。メニューは、「しょうゆラーメン」「塩ラーメン」「辛シビラーメン」(以上780円)、「まぜそば」(700円)など。

 2号店となる新店の店舗面積は約45坪。カウンター席11席とテーブル席23席の計34席を設ける。

 「能代に出店した時から、秋田市にも出店したいと考えていた」と田村さん。「若い方から年配の方まで、どなたからもおいしいと思っていただける味を目指している。いつでも今日のラーメンが一番おいしいと思っていただけるように進化し続けられれば」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時~15時、18時~20時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/10(水) 21:04

みんなの経済新聞ネットワーク