ここから本文です

秩父鉄道SL切符をJR東が誤販売 運行ない日の40枚

朝日新聞デジタル 5/10(水) 17:20配信

 JR東日本は10日、秩父鉄道(埼玉県熊谷市)が運行している「SLパレオエクスプレス」の切符を誤って販売したと発表した。運行しない5月27日の指定券で、計40枚(総額2万8800円)。切符発行のシステムに運行日を誤って登録したことが原因だといい、JR東は各駅を通じ、払い戻しに応じる。

 この列車は秩父鉄道の熊谷―三峰口間で土日などに運行されており、指定券をJR東の主要駅で販売している。5月27日は臨時列車が走るため運行されないが、4月27日に誤って販売。東京、池袋、恵比寿、吉祥寺、川口、浦和、大宮、川越、熊谷の9駅で40枚が売れた。購入客から6日、秩父鉄道の熊谷駅に「運行しない日ではないか」との指摘があり、誤りがわかった。

朝日新聞社

最終更新:5/10(水) 17:20

朝日新聞デジタル