ここから本文です

ナマズパワーでコイ応援 広島本拠地でかき揚げ丼販売へ

朝日新聞デジタル 5/10(水) 17:27配信

 広島県神石高原町の県立油木(ゆき)高校の生徒がナマズを養殖。かき揚げ丼にして7月、広島カープの本拠地マツダスタジアム(広島市)で販売する。

【写真】ナマズのかき揚げを載せた「なまっしーのかきあげ丼」=広島市のマツダスタジアム

 カープの試合日に、1日80~100食限定。値段は未定。町の新たな特産品にと、2010年から授業の一環として廃校のプールなどで育ててきた。

 淡泊な身を、しょうゆベースの特製のタレで味付け。3年の山元穂乃花さんは「暑い夏、精が付くナマズを食べて、元気にカープのV2を応援しよう」。

朝日新聞社

最終更新:5/10(水) 17:27

朝日新聞デジタル