ここから本文です

小泉今日子、全シングル作品から選んだ自身の一曲は…

スポーツ報知 5/10(水) 11:03配信

 歌手で女優の小泉今日子(51)が10日放送のTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜・前8時30分)に出演した。

【写真】鬼嫁の小泉!

 パーソナリティの伊集院光(49)から「今だったら、何歳の自分が大丈夫だって言ってあげないと危ういですか」と聞かれ「30代ですね。一番、悩んでましたね。結婚とか。今は独身ですけど」とした上で結婚について「良かったということです」と明かしていた。小泉は、29歳だった1995年2月に俳優の永瀬正敏と結婚したが38歳だった2004年2月に離婚した。

 小泉は、デビュー35周年を記念したベストアルバム「コイズミクロニクル」を5月17日に発売。1982年3月21日、シングル「私の16才」でデビューしてからちょうど35年。少女から大人の女性へ変わり、さらに進化を重ねるキョンキョンの芸能人生が凝縮された保存版となっている。今作には全シングル曲を完全収録。「天野春子」として出した「潮騒のメモリー」など、別名義のシングルやリマスター版も含め3枚組み、全50曲が収録されている。

 番組では小泉自身がこれまでの作品から一曲を選んで、リスナーへ聴かせた。選んだのは「優しい雨」。自身が作詞し93年2月にリリースしTBS系ドラマ「愛するということ」の主題歌となった。これまでの自身の作品について振り返ると「初期のころのは、本当に16歳なので別人。かわいいねって言えるようになった。昔は本当に恥ずかしかった」と明かした。

 また、番組では1991年に自身が作詞した「あなたに会えてよかった」への秘話を明かした。同曲は、TBS系ドラマ「パパとなっちゃん」の主題歌で俳優の田村正和と親子役で出演。「恋人に対する歌って歌詞はそうなってますけど、何か私、お父さんを思って」と振り返った。

最終更新:5/10(水) 12:09

スポーツ報知