ここから本文です

【ヴィクトリアM】僚馬アエロリットに続け! ウキヨノカゼ「末脚比べなら見劣りしないはず」

5/10(水) 21:56配信

東スポWeb

【ヴィクトリアマイル(日曜=14日、東京芝1600メートル)聞かせて!核心】ウキヨノカゼは前走の福島牝馬Sで重賞3勝目をマーク。7歳を迎えても鋭い末脚は健在だ。先週のNHKマイルC(アエロリット)で悲願のGI初制覇を達成した今、最も勢いのある菊沢隆徳調教師(47)に、2週連続への手応えを聞いた。

 ――福島牝馬Sは見事な差し切り

 菊沢調教師:ジョッキー(吉田隼)の気迫を感じた。馬の長所をよく把握しているから、レースが動いても、自分の競馬に徹してくれる。着差はわずかでも、ラスト10メートルは耳を立てる余裕があったくらい。暖かくなって馬体が絞れたのも良かった。

 ――5日の1週前追い切りは坂路で4ハロン55・2―12・7秒

 菊沢調教師:レースまで中2週になるけど、カイバ食いが旺盛で、すぐに体が立派になってしまう。それでウッドを1周した後に坂路をサッと。負荷はきっちりかけられた。

 ――3歳時に1600メートルのクイーンC、5歳時は1200メートルのキーンランドCを制覇。福島牝馬Sは1800メートルだし、距離は不問のイメージ

 菊沢調教師:こういう馬はそうはいないよね。今思えばよく1200メートルを走ってくれたな、と(笑い)。昨年の暮れに復帰してから、末脚を生かす競馬を馬が分かってきたようで、年齢を重ねて、いい意味で手を抜いて走れている。

 ――先週に続きチャンスはありそう

 菊沢調教師:7着だった昨年も、上がりだけなら勝ち馬(ストレイトガール)と並んで最速(33秒4)。末脚比べなら見劣りはしないはずだし、ここも前に目標を置いて、自分の競馬をさせるだけ。7歳だけど、休養期間が長く、大事に育ててきた馬。まだまだ体はフレッシュだし、アエロリットに続いて、いい競馬をしてほしいね。

最終更新:5/10(水) 21:56
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ