ここから本文です

「ヘルボーイ」リブート版製作へ、ギレルモ・デル・トロ&ロン・パールマン参加せず

映画ナタリー 5/10(水) 16:06配信

ギレルモ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演で映画化されたコミック「ヘルボーイ」の、リブート版映画製作が決定した。

「ヘルボーイ」は、ナチスの実験によって魔界から現れた悪魔の子ヘルボーイの活躍を描くヒーロー作品。2004年に第1弾「ヘルボーイ」、2008年に第2弾「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」が作られた。

リブート版の製作は、原作者のマイク・ミニョーラが自身のFacebookにて明かしたもの。「ディセント」やドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のニール・マーシャルが監督を、「イコライザー」やドラマ「ストレンジャー・シングス」のデヴィッド・ハーバーが主演を務める。The Hollywood Reporterの報道によれば、現在「Hellboy: Rise of the Blood Queen」の仮タイトルでプロジェクトが進行しており、アンドリュー・コスビー、クリストファー・ゴールデン、そしてミニョーラが脚本を手がける。

デル・トロとパールマンは、リブート版には参加しない。なおデル・トロは1月に自身のTwitterにて、「ヘルボーイ」第3弾の実現に向けて非公式の呼びかけを実施。24時間以内に10万票集まればパールマンやミニョーラに相談すると宣言し、13万以上の票を獲得した。しかし2月には「続編は100%ないだろう」とツイートし、ファンに謝罪していた。Indiewireによると、デル・トロは今回の発表に関してコメントを控えている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

最終更新:5/10(水) 16:06

映画ナタリー