ここから本文です

アシアナ航空、中国のTHAAD報復も1分期の黒字を維持

5/10(水) 15:36配信

WoW!Korea

アシアナ航空が中国のTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)報復とオイル価格上昇などの影響にも関わらず、ことし1分期は善戦したことがわかった。

 アシアナ航空は、ことし1分期に連結財務諸表基準で売り上げ1兆4571億ウォン(約1400億円)、営業利益263億ウォン(約26億円)を記録したと10日、明らかにした。

 売上げは前年同時期に比べて6.5%上がったが、営業利益は26.6%減少した。

 アシアナ航空は、中国のTHAADミサイル報復が本格化されると、中国の一部路線を減便し搭乗率が高い東南アジア・日本など人気路線に代えた。加えて、中大型機材を長距離路線に投入し、中国路線には小型機材を投入。特に、ヨーロッパ路線の売上げは、前年同時期に比べて19%増加した。

 アシアナ航空の関係者は「旅客需要が順調な勢いを見せている日本および東南アジア路線に運航を増やしている」とし、「仁川-マニラ路線を皮切りに、初運航に突入する最新鋭A350などを通して、中・長距離路線の収入性を高める計画」と明かした。

最終更新:5/10(水) 15:36
WoW!Korea